企画展・イベント

展覧会・イベント

第18回ミマサカコドモ絵画展
展覧会

第18回ミマサカコドモ絵画展

 
会期
2022年1月6日㊍〜2022年1月30日㊐
 
会場
勝央美術文学館
 
料金
無料
 
主催
公益財団法人 美作学術文化振興財団
 

 美作管内(3市5郡)の小学校から募集した、子どもたちの絵画作品を紹介する展覧会を開催しています。  

 今回は、32校から300点の応募があり、12月の審査会で決定した金賞以下の優秀作とその他応募作品すべてに加え、昨年の金賞受賞作6点を合わせて展示紹介します。  

 美作地域の子どもたちの個性溢れる素晴らしい作品をどうぞご堪能ください。

 

※ 公益財団法人美作学術文化振興財団の公式HPはこちら↓↓↓

     http://www.town.shoo.lg.jp/news/611?pre=1

 

【展覧会のようす】

入賞作品会場の様子展示会のようす展示会のようす

 

【第18回ミマサカコドモ絵画展 金賞作品】

金賞作品1年生

金賞作品2年生

金賞作品3年生

 題名 おむすび ころりん

鏡野町立香北小学校 1年生

久安 陽葵(ひさやす はるき)

 

 

 題名 スイミー

津山市立東小学校 2年生

伊藤 陽麻(いとう はるま) 

 

 

題名 くらしを守るしょうぼう車

津山市立喬松小学校 3年生

樂万 駿太(らくま しゅんた)

 

 

金賞作品4年生

金賞作品5年生

金賞作品6年生

 題名 花さき山を読んで

鏡野町立富小学校 4年生

築山 綸乃(つきやま りの)

 題名 青空の田うえ

美作市立英田小学校 5年生

髙坂 実咲希(こうさか みさき)

 題名 ぼくの学校(点描画)

美作市立勝田東小学校 6年生

髙田 英太郎(たかた えいたろう)

 

 

 

 

 

 

詳細を見る>>
gallery  exhibition  vol.34 安藤しほり・幾田奈菜・髙山明子・森岡紗也 作品展
展覧会

gallery exhibition vol.34 安藤しほり・幾田奈菜・髙山明子・森岡紗也 作品展

 
会期
2021年2月12日㊏〜2021年3月13日㊐
 
会場
勝央美術文学館 町民ギャラリー1
 
料金
無料
 
主催
公益財団法人 美作学術文化振興財団
 

 このたび、公益財団法人美作学術文化振興財団では、 岡山県北ゆかりの若手作家 安藤しほり、幾田奈菜、 髙山明子、森岡紗也の若き4 人の女流アーティスト による作品を紹介する展覧会を開催します。  安藤しほりの作品は、幻想的で色調豊かに描かれた 花々に魅了されます。幾田奈菜の作品は、ごく単純 なフォルムの中に感じる揺らぎや歪みが思わぬ心地 良さや高揚感を与えてくれます。髙山明子の作品は、 何時か見たような既視感や懐かしさを誘う淡い色調 が印象的。森岡紗也の作品は、太古を思わせる不思 議な生き物たちの中に見る者自身へと繋がる遥かな 時間の流れを感じられる作品です。  今回は、彼女たち4 人の若く瑞々しくたゆたうような不思議な表現を是非ご堪能ください。

 

 pdfファイル「gallery exhibition vol.34 安藤しほり・幾田奈菜・髙山明子・森岡紗也 作品展」をダウンロードする(PDF:444kB)

 

 

 

 

 

 

 

 

詳細を見る>>
終了しました
武蔵野に響き合う美の魂
特別展

令和3年度勝央美術文学館
水野恭子生誕100年・赤堀佐兵没後60年・松平修文遺作展 武蔵野に響き合う美の魂

 
会期
〈後期〉2021年11月13日㊏〜11月28日㊐
 
会場
勝央美術文学館 展示室・特別展示室
 
料金
一般:500円/学生・シルバー(65歳以上):一般料金より100円引/高校生以下無料/20名以上の団体:一般料金より2割引*但し、割引きの併用は不可。
 
主催
勝央美術文学館(勝央町・勝央町教育委員会)
 

岡山県勝田郡勝央町出身の洋画家・水野恭子(みずの・やすこ 1921-2013)の生誕100年にあたり、その創作初期から晩年にいたる代表的な作品を紹介します。  併せて、没後60年にあたる、水野の師 赤堀佐兵(あかほり・さへい 1904-1961)の作品や、赤堀・水野をキュレイターとして世に広く紹介した、元青梅市立美術館副館長で日本画家・歌人の松平修文(まつだいら・しゅうぶん 1945-2017)の作品や歌集も紹介。  本展を通して、武蔵野に集った芸術家たちの心の交流をご覧ください。

※前期/後期では、展示品を一部変更します。

 

pdfファイル「展覧会チラシ(両面)」をダウンロードする(PDF:414kB)

展覧会の様子

展覧会の様子1

展覧会の様子2 

展覧会の様子4 

展覧会の様子5 

展覧会の様子6 

 

 

詳細を見る>>
終了しました
第2回出雲街道勝間田宿 下山家古文書展
企画展

第2回 出雲街道勝間田宿 下山家古文書展

 
会期
2021年11月13日㊏~11月28日㊐
 
会場
勝央美術文学館 町民ギャラリー1
 
料金
無料
 
主催
勝央町教育委員会 勝央町文化財保護委員会
 

文化財展示事業「第2回 出雲街道勝間田宿 下山家古文書展」を開催します。

江戸時代の下山本陣に関する古文書を展示し、江戸時代の下山本陣や勝間田宿について解説します。

 

詳細を見る>>
終了しました
瀬戸内版画展ポスター
企画展

第44回瀬戸内版画展

 
会期
2021年10月20日 ㊌~10月31日 ㊐
 
会場
勝央美術文学館 町民ギャラリー1
 
料金
無料
 
主催
瀬戸内版画会 勝央美術文学館
 

 

 県内で精力的に活躍する版画家集団「瀬戸内版画会」のメンバーによる作品展。1978年初代 木村政夫会長により<版>芸術をより多くの人々に紹介するため、瀬戸内在住の版画家の結集をめざして結成されました。<版>を使うという表現手段だけで一致している集団で、その手法も木版、シルクスクリーン、リトグラフ、エッチング、孔版、紙版と多彩。各人が自由に表現していくことを理念に掲げ作品を発表しています。
 様々な版画の魅力をぜひお楽しみください。

最終日31日のみ〜14:00まで(入館は閉館の30分前まで)

 

画像ファイル「瀬戸内版画展」をダウンロードする(JPG:1.2MB) 

詳細を見る>>
終了しました
第11回きんときコドモ絵画展チラシ
展覧会

第11回きんときコドモ絵画展

 
会期
2021年10月9日㊏~10月17日 ㊐
 
会場
勝央美術文学館 町民ギャラリー1
 
料金
無料
 
主催
勝央町、勝央町教育委員会
 

金太郎(坂田金時)の町・勝央町の保育園の年長さんたちが、一生懸命描いた“金太郎”の絵を展示します。

開館時間:10:00〜18:00(入館は17:30まで)

 

詳細を見る>>
終了しました
チラシ(開催中止)
企画展

【多様性を育む美術プロジェクト展】

 
会期
2021年8月21日㊏〜9月12日㊐ 月曜日は休館 初日は14:00から【開催中止】※臨時休館(8月27日㊎〜9月12日㊐)のため
 
会場
勝央美術文学館 町民ギャラリー1
 
料金
無料
 
主催
勝央美術文学館
 

 近年、アール・ブリュット、あるいはアウトサイダー・アートと称される、障がいのある方々が創作した作品が、新しい可能性を秘めたアートジャンルとして、注目を集めています。このプロジェクトでは、生来の資質だけでなく、マチエールの面白さや、ドリッピングなどによる偶然の色や線の面白さなどを活かした抽象画などの手法を用い、誰もが自分にとっての「面白い作品」を生み出していきます。  互いに理解しあい、共に生きる社会の実現と、新しいアートの可能性を築くことを目指して、障がい者と健常者が一緒に制作した作品約30点を紹介します。作品世界を通じて、アートによる「共生」の可能性を感じていただければと思います。

岡山県への緊急事態宣言発令にともなう勝央町新型コロナウイルス感染症対策本部会議の決定を受け令和3年8月27日(金)から9月12日(日)まで臨時休館となり【多様性を育む美術プロジェクト展】は開催中止となりました。

展覧会のようす

展覧会のようす

 

展覧会のようす

展覧会のようす

展覧会のようす

展覧会のようす

展覧会のようす

展覧会のようす

pdfファイル「多様性を育む美術プロジェクト展 チラシ」をダウンロードする(PDF:430kB)

詳細を見る>>
ポスター(開催中止)
常設展

小企画40 木村毅とオリンピック〈第2期〉

 
会期
2021年7月17日㊏〜9月12日㊐ ※8月9日㊊は祝日開館、翌日10日㊋が休館になります。【開催中止】※臨時休館(8月27日㊎〜9月12日㊐)のため
 
会場
勝央美術文学館 特別展示室
 
料金
一般:300円 大学生・高齢者(65歳以上):100円割引 高校生以下無料 ※大学生・65歳以上は要証明書提示 ※20人以上の団体は2割引(ただし、他の割引との併用は不可)
 
主催
勝央美術文学館
 

オリンピック招致の一翼を担った木村毅の、オリンピックとの関わりを知る貴重な資料をご紹介します。

 勝央町出身の文学者・木村毅(1893-1979)が、1964年東京オリンピックに関わっていたことを示す資料を中心に展示し紹介いたします。木村毅が書いた「東京都知事・東龍太郎からマリイ・ボナパルト・ジョルジュ妃殿下宛 1964年東京オリンピックへの招待状」の草案(1963年)などを展示します。

※4/27〜6/27(途中臨時休館あり)に展示していたものに一部追加した内容です。

 pdfファイル「2期出品目録」をダウンロードする(PDF:325kB)

展覧会のようす

画像1

画像2

画像3

詳細を見る>>
ポスター(開催中止)
常設展

コレクション展vol.43 郷土の画家シリーズ  火星燃ゆ〈第2期〉

 
会期
2021年7月17日㊏〜9月12日㊐ ※8月9日㊊は祝日開館、翌日10日㊋が休館になります。【開催中止】※臨時休館(8月27日㊎〜9月12日㊐)のため
 
会場
勝央美術文学館 展示室
 
料金
一般:300円 大学生・高齢者(65歳以上):100円割引 高校生以下無料 ※大学生・65歳以上は要証明書提示 ※20人以上の団体は2割引(ただし、他の割引との併用は不可)
 
主催
勝央美術文学館
 

 当館所属のコレクションから、少し元気をもらえそうな作品や、旅行気分を味わっていただけそうな作品などを紹介します。出品作品は、二科会で活躍した洋画家の福島金一郎や、独立美術協会で活躍した赤堀佐兵、水野恭子ら当館顕彰作家の作品を中心に約20点を展示します。

※4/27〜6/27(途中臨時休館あり)に展示していたものから一部作品を入れ替えています。

 

 

 

 

 

 

詳細を見る>>
終了しました
はつ展。
企画展

【はつ展。】

 
会期
2021年7月17日㊏〜8月15日㊐ ※8月9日㊊は祝日開館、翌日10日㊋が休館になります。
 
会場
勝央美術文学館 町民ギャラリー1
 
料金
無料
 
主催
勝央美術文学館
 

岡山県北出身の美術大学の学生を中心としたグループ展「はつ展。」は、15年前に【「発」展】として始まり、様々な会場で毎年開催しています。

今回は、10名の大学生と美術大学を目指している地元の高校生が参加。油彩、イラスト、立体造形など約40点を展示します。

学生たちの美術にかける熱い思いを感じていただけたらと思います。

詳細を見る>>
終了しました
火星燃ゆポスター
常設展

コレクション展vol.43 郷土の画家シリーズ  火星燃ゆ

 
会期
2021年4月27日㊋〜6月27日㊐ ※5月16日㊐〜6月20日㊐の期間は臨時休館
 
会場
勝央美術文学館 展示室
 
料金
一般:300円 大学生・高齢者(65歳以上):100円割引 高校生以下無料 ※大学生・65歳以上は要証明書提示 ※20人以上の団体は2割引(ただし、他の割引との併用は不可)
 
主催
勝央美術文学館
 

所蔵作品から、郷土ゆかりの作家を中心に紹介するシリーズです。 

洋画家の福島金一郎や赤堀佐兵、水野恭子らの顕彰作家の作品の中から、少し元気を貰えそうな作品や、旅行気分をあじわっていただけそうな作品などを選んで展示しています。

pdfファイル・出品目録をダウンロードする(PDF:306kB)

展覧会のようす

会場画像1

会場画像2

会場画像3

会場画像4

詳細を見る>>
終了しました
木村毅とオリンピック
常設展

小企画40 木村毅とオリンピック

 
会期
2021年4月27日㊋〜6月27日㊐ ※5月16日㊐〜6月20日㊐の期間は臨時休館
 
会場
勝央美術文学館 特別展示室
 
料金
一般:300円 大学生・高齢者(65歳以上):100円割引 高校生以下無料 ※大学生・65歳以上は要証明書提示 ※20人以上の団体は2割引(ただし、他の割引との併用は不可)
 
主催
勝央美術文学館
 

オリンピック招致の一翼を担った木村毅の、オリンピックとの関わりを知る貴重な資料をご紹介します。

 勝央町出身の文学者・木村毅(1893-1979)が、1964年東京オリンピックに関わっていたことを示す資料を中心に展示し紹介いたします。木村毅が書いた「東京都知事・東龍太郎からマリイ・ボナパルト・ジョルジュ妃殿下宛 1964年東京オリンピックへの招待状」の草案(1963年)などを展示します。

pdfファイル「出品目録」をダウンロードする(PDF:336kB)

展覧会のようす

画像1

画像2

画像3

詳細を見る>>
終了しました
ちるどれんずあーとプログラム募集チラシ
イベント

令和3年度MUSEUM講座「ちるどれんずあーとプログラム」

 
会期
【第1回】5月22日(土) 【第2回】6月12日(土) 【第3回】7月10日(土)
 
会場
勝央美術文学館 中庭(雨天の場合は屋内で実施)
 
料金
1,000円(全3回分)
 
主催
勝央美術文学館
 

【本講座は、申込みが定員に達しましたので、受付を締め切りました。】 

 

保育園年中から小学1年生以下を対象とした美術教室の受講生を募集します。

お絵描きや工作好きのコドモたちをお待ちしています!

 

対象:保育園新年中から小学校新1年生(保護者の同伴が必要です。)

受講料:1,000円(全3回分・初回集金)

定員:8名

予定:【第1回】5月22日(土)「たのしいおえかき」 

   【第2回】6月12日(土)「オブジェをつくろう」

   【第3回】7月10日(土)「みんなでつくろう」

     ※新型コロナウイルス感染拡大の状況により変更になる場合があります。

     ※第3回で制作した作品は、7月に勝央美術文学館町民ギャラリー2に展示予定。

会場:勝央美術文学館 中庭(屋外)※雨天の場合は屋内で実施

時間:10:00〜11:00

講師:水島生恵先生

募集期間:4月13日㈫10:00〜4/20㈫ ※定員になり次第、募集を締め切ります。

お申込・お問い合わせ:勝央美術文学館 0868-38-0270(火〜金曜日:10:00〜18:00)

pdfファイル「ちるどれんずあーとプログラム募集要項」(PDF:2.1MB)

 

 

詳細を見る>>
終了しました
作品展チラシ
企画展

第17回陶芸教室の作品展

 
会期
2021年3月16日㊋〜3月28日㊐
 
会場
勝央美術文学館 町民ギャラリー2
 
料金
無料
 
主催
勝央美術文学館
 

 

 勝央美術文学館主催のMUSEUM講座「陶芸入門講座」受講生による作品展を開催。

2020年度に全7回にわたって開催した1年間の成果を発表します。講師、副講師の作品、また同講師が指導する「陶芸応用講座」生徒作品も同時に展示いたします。

*最終日(3/28㊐)は16:00までの開館となりますので、ご注意ください。 

同時に、新年度の「陶芸入門講座」受講生を募集いたします。募集期間は3/16〜3/28となっておりますので、期間中に勝央美術文学館にお問合せください。

お問合せ先:勝央美術文学館(tel.0868-38-0270)

 

画像ファイル「募集チラシ」

詳細を見る>>
終了しました
築山弘毅展 INDEX チラシ表面
展覧会

gallery exhibition vol.33 築山弘毅展 INDEX

 
会期
2021年2月20日㊏〜2021年3月21日㊐
 
会場
勝央美術文学館 展示室・特別展示室・町民ギャラリー1
 
料金
無料
 
主催
(公財)美作学術文化振興財団
 

 このたび、I氏賞作家 築山弘毅氏による作品展を開催いたします。築山氏は、岡山県津山市出身。東京藝術大学を卒業、同大学院を修了後、ドイツ、シュトゥットガルト美術アカデミーにて現代絵画を学びます。渡独直前に体験した東日本大震災をきっかけに、為替や株式相場と人々の感情の連動性に着目した作品の制作を始動。以降、混沌とした世界の姿、その時々の群衆心理より「為替」レートや「株式相場」の指標を表すグラフが、生き物のように激しく上下し“のたうつ”様を、漆芸の蒔絵技法から着想を得た方法で鮮やかに表現しています。その躍動感あふれる作品は、岡山ゆかりの画僧 雪舟等楊が描く山水画の趣をも感じさせてくれます。
 また、本展は、副題を【INDEX】とし、ゲスト作家に、岡山県美作市出身で写真家の小林正秀(I氏賞奨励賞受賞)と岡山県倉敷市出身の洋画家 吉尾梨加(I氏賞出品作家)をお迎えしました。小林氏は、写真を撮ることで人の営みある風景を視覚化し、そこに潜む感覚を呼び起こす装置として作品を位置づけています。吉尾氏もまた同じように、廃家電やガードレールたちを、使われていた時の記憶を内包し、それを思い起こさせてくれる対象として描いています。【INDEX】には、「見出し・索引」と経済用語の「指標」という二つの意味があります。ある時期、或いは瞬間の場面や事象を切り取って、それを絵画や写真などの形にとどめておくことで、それらの作品が過去に起きた出来事を、人々へ想起させたり、今後同じことが起こりうる可能性を示す「指標」や「索引」になり得るかもしれません。
 三人の作家が、それぞれ異なる素材や表現方法で現代を【INDEX】していく過程を、この展覧会を通してみなさんにご覧いただけたら幸いです。

 pdfファイル「築山弘毅展 INDEX チラシ」

【アーティストトーク】【本イベントは終了しました。】

築山弘毅(画家)×小林正秀(写真家)×吉尾梨加(洋画家)

トークテーマ:「美作」から始まるアートシーン

日程:2021年3月7日(日)14:00〜15:00

事前申込優先(定員30名)予約先:勝央美術文学館 Tel.0868-38-0270 E-Mail shoomuse@icloud.com

受付開始:2021年2月2日(火)午前10時より

電話でのお申し込みは火〜金曜日 10:00〜18:00、メールの場合は、①参加者名②住所③電話番号をご明記ください。

【展覧会・イベントに関する主催者からのお願い!】

*新型コロナウイルス感染拡大の影響で、日程や内容が変更になる可能性があります。今後のHPやFacebook、Twitterで最新情報をご確認ください。
*発熱や咳などの症状のある方や体調不良の方は、入館をご遠慮ください。新型コロナウイルス感染拡大防止のため、マスクの着用等にご協力ください。

 

 

詳細を見る>>
終了しました
作品展チラシ
企画展

令和2年度絵画教室作品展

 
会期
2021年2月20日 ㊏ ~3月6日㊏
 
会場
勝央美術文学館 町民ギャラリー2
 
料金
無料
 
主催
勝央美術文学館
 

 

 勝央美術文学館主催のMUSEUM講座「絵画教室」受講生による作品展を開催。講座で学んだ1年間の成果を発表します。講師、副講師の作品もあわせて展示いたします。

 また、令和3年度MUSEUM講座受講生を募集しています。詳細はこちら→pdfファイル「「募集要項」」

 

詳細を見る>>
終了しました
第17回
展覧会

第17回ミマサカコドモ絵画展

 
会期
2021年1月6日㊌〜2021年1月31日㊐
 
会場
勝央美術文学館
 
料金
無料
 
主催
公益財団法人 美作学術文化振興財団
 

 美作管内(3市5郡)の小学校から募集した、子どもたちの絵画作品を紹介します。  

 今回は、37校から354点の応募があり、12月の審査会で決定した金賞以下の優秀作とその他応募作品すべてに加え、昨年の金賞受賞作6点を合わせて展示紹介します。  

 美作地域の子どもたちの個性溢れる素晴らしい作品をどうぞご堪能ください。

詳細を見る>>
終了しました
金賞作品展
常設展

ミマサカコドモ絵画展金賞作品展〈第2期〉

 
会期
2020年11月17日㊋〜11月29日㊐
 
会場
勝央美術文学館 町民ギャラリー2
 
料金
無料
 
主催
公益財団法人 美作学術文化振興財団
 

 美作管内(津山市、真庭市、美作市、久米南町、美咲町、勝央町、奈義町、鏡野町、新庄村、西粟倉村)の小学校から作品を募集しているミマサカコドモ絵画展。

 第9回(平成24年度)から第16回(令和元年度)までの金賞作品を1週間ごとに展示します。

※11/23㊊の13:00までは、作品入替の時間とさせていただきます。

 

詳細を見る>>
終了しました
高山始展開催中止
特別展

令和2年度勝央美術文学館
特別展 生誕100年 高山 始展 -本当の美しさは、何気ない日常の中にある。-

 
会期
2020年10月10日 ㊏ ~11月8日 ㊐【開催中止】
 
会場
勝央美術文学館 展示室・特別展示室
 
料金
一般:500円/学生・シルバー(65歳以上):一般料金より100円引/高校生以下無料/20名以上の団体:一般料金より2割引*但し、割引きの併用は不可。
 
主催
勝央美術文学館(勝央町・勝央町教育委員会)
 

本展は、勝央町新型コロナウイルス感染症対策本部会議の決定を受けて、明日10月31(土)より展示中止となりました。ご来館をご予定のお客様には、大変ご迷惑をお掛けいたしますが、ご理解とご協力をお願いたします。 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今年度は、岡山県勝田郡勝央町出身の洋画家 高山 始(たかやま・はじめ 1920-2013)の生誕100年にあたり、創作初期から晩年にいたる作品等を一堂に紹介いたします。

 その画家としての足跡をたどるとともに、「岡山光風会」事務局長を長きにわたって務め、美作地域の芸術文化振興に尽力し、教師としてあるいは絵画教室の講師として、後進の育成や生涯学習に非常に熱心に取り組んだその仕事ぶりは、今の地岡山県北美術を考える上で、欠かせぬ存在です。本展では、それらの功績を顕彰し、改めてその仕事を広く地域の方々に紹介することを目的に企画いたします。

 故 高山 始 は、1920年岡山県勝田郡勝央町植月中に生まれ、岡山師範学校卒業後、東京緑陰舎でデッサンを学びます。洋画家 日原 晃(岡山県津山市)に師事。1953年には光風会初入選(以降毎年出品)するとともに、1961年には第4回日展に初入選を果たします。以降中学校の美術教員をつとめるかたわら、岡山県北の美術の振興に尽力し、退職後は、当時盛んになりつつあった生涯学習の中で、広く絵画教室などの指導に力を注ぎます。

 その作風は、日常の農村風景やその営みを、油彩画では日原晃の門下生らしい暗色を多用した重厚なタッチでずっしりと大胆に描き、一方水彩画においては、暗色を避け、光あふれる色彩で、自ら庭で育てた花などを丹念に繊細に描き、高山本来の持ち味を発揮した透明感のある瑞々しい作品に仕上げています。

 今回は、初期から晩年にいたる油彩,水彩画等あわせて60点あまりを紹介いたします。

pdfファイル「ポスター」をダウンロードする(PDF:463kB)

詳細を見る>>
終了しました
額田六福展開催延期
特別展

額田六福生誕130年 岡本経一没後10年 −大衆と共にある−劇作家 額田六福展

 
会期
【開催延期】2020年11月14日 ㊏ →17日㊋~11月29日 ㊐
 
会場
勝央美術文学館 展示室・特別展示室
 
料金
一般:300円/学生・シルバー(65歳以上):一般料金より100円引/高校生以下無料/20名以上の団体:一般料金より2割引*但し、割引きの併用は不可。
 
主催
勝央美術文学館(勝央町・勝央町教育委員会)
 

 本展は、勝央町コロナウイルス感染症対策本部会議の決定を受け、11月14日(土)から17日(火)に、展覧会の開催を延期いたします。

 観覧をご予定のお客様には大変ご不便ご迷惑をお掛けいたしますが、ご理解とご協力をお願いいたします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

 勝央町出身の劇作家・額田六福の生誕130年と、同じく勝央町出身の出版人・岡本経一没後10年を記念し特別展を開催いたします。当館が所蔵する2人の関連資料を、書籍・草稿・直筆資料・遺品など約60点を展示します。


 額田六福は、劇作家・小説家の岡本綺堂に師事し、大正中期から昭和の初めにかけて商業演劇の第一人者として活躍。大衆の求めるものを生み出す姿勢を貫いた六福の仕事を改めてご紹介します。併せて、六福の娘で翻訳家の額田やえ子の資料も展示します。
 岡本経一は、同郷の劇作家・額田六福の紹介で、岡本綺堂家の書生となります。後年、綺堂の養嗣子となり、綺堂最後の直弟子となりました。出版社・青蛙房を創業し綺堂の作品と江戸文化を後世に残した経一の出版書籍をご紹介いたします。

pdfファイル「チラシ両面」をダウンロードする(PDF:645kB)

詳細を見る>>
このページのトップへ