企画展・イベント

展覧会・イベント

額田六福
特別展

額田六福生誕130年 岡本経一没後10年 −大衆と共にある−劇作家 額田六福展

 
会期
2020年11月14日 ㊏ ~11月29日 ㊐
 
会場
勝央美術文学館 展示室・特別展示室
 
料金
一般:500円/学生・シルバー(65歳以上):一般料金より100円引/高校生以下無料/20名以上の団体:一般料金より2割引*但し、割引きの併用は不可。
 
主催
勝央美術文学館(勝央町・勝央町教育委員会)
 

 勝央町出身の劇作家・額田六福の生誕130年と、同じく勝央町出身の出版人・岡本経一没後10年を記念し特別展を開催いたします。当館が所蔵する2人の関連資料を、書籍・草稿・直筆資料・遺品など約60点を展示します。


 額田六福は、劇作家・小説家の岡本綺堂に師事し、大正中期から昭和の初めにかけて商業演劇の第一人者として活躍。大衆の求めるものを生み出す姿勢を貫いた六福の仕事を改めてご紹介します。併せて、六福の娘で翻訳家の額田やえ子の資料も展示します。
 岡本経一は、同郷の劇作家・額田六福の紹介で、岡本綺堂家の書生となります。後年、綺堂の養嗣子となり、綺堂最後の直弟子となりました。出版社・青蛙房を創業し綺堂の作品と江戸文化を後世に残した経一の出版書籍をご紹介いたします。

pdfファイル「チラシ両面」をダウンロードする(PDF:645kB)

詳細を見る>>
高山始
特別展

令和2年度勝央美術文学館
特別展 生誕100年 高山 始展 -本当の美しさは、何気ない日常の中にある。-

 
会期
2020年10月10日 ㊏ ~11月8日 ㊐
 
会場
勝央美術文学館 展示室・特別展示室
 
料金
一般:500円/学生・シルバー(65歳以上):一般料金より100円引/高校生以下無料/20名以上の団体:一般料金より2割引*但し、割引きの併用は不可。
 
主催
勝央美術文学館(勝央町・勝央町教育委員会)
 

 今年度は、岡山県勝田郡勝央町出身の洋画家 高山 始(たかやま・はじめ 1920-2013)の生誕100年にあたり、創作初期から晩年にいたる作品等を一堂に紹介いたします。

 その画家としての足跡をたどるとともに、「岡山光風会」事務局長を長きにわたって務め、美作地域の芸術文化振興に尽力し、教師としてあるいは絵画教室の講師として、後進の育成や生涯学習に非常に熱心に取り組んだその仕事ぶりは、今の地岡山県北美術を考える上で、欠かせぬ存在です。本展では、それらの功績を顕彰し、改めてその仕事を広く地域の方々に紹介することを目的に企画いたします。

 故 高山 始 は、1920年岡山県勝田郡勝央町植月中に生まれ、岡山師範学校卒業後、東京緑陰舎でデッサンを学びます。洋画家 日原 晃(岡山県津山市)に師事。1953年には光風会初入選(以降毎年出品)するとともに、1961年には第4回日展に初入選を果たします。以降中学校の美術教員をつとめるかたわら、岡山県北の美術の振興に尽力し、退職後は、当時盛んになりつつあった生涯学習の中で、広く絵画教室などの指導に力を注ぎます。

 その作風は、日常の農村風景やその営みを、油彩画では日原晃の門下生らしい暗色を多用した重厚なタッチでずっしりと大胆に描き、一方水彩画においては、暗色を避け、光あふれる色彩で、自ら庭で育てた花などを丹念に繊細に描き、高山本来の持ち味を発揮した透明感のある瑞々しい作品に仕上げています。

 今回は、初期から晩年にいたる油彩,水彩画等あわせて60点あまりを紹介いたします。

pdfファイル「ポスター」をダウンロードする(PDF:463kB)

詳細を見る>>
第10回きんときコドモ絵画展チラシ
展覧会

第10回きんときコドモ絵画展

 
会期
2020年10月10日㊏~10月18日 ㊐
 
会場
勝央美術文学館
 
料金
無料
 
主催
勝央町、勝央町教育委員会
 

金太郎(坂田金時)の町・勝央町の保育園の年長(6歳児)さんたちが、一生懸命描いた“金太郎”の絵を展示します。

開館時間:10:00〜18:00(入館は17:30まで)

 

詳細を見る>>
終了しました
募集要項(表)
イベント

みんなのアマビエ展

 
会期
募集:2020年7月1日㊌〜7月14日㊋【終了】/展示:2020年7月25日㊏〜8月30日㊐
 
会場
勝央美術文学館 町民ギャラリー1(ソファーコーナー)
 
料金
無料
 
主催
勝央美術文学館
 

 疫病から人々を守ると伝えられている日本の妖怪「アマビエ」の絵を募集します。ご応募いただいた作品は、7月25日(土)〜8月30日(日)に、勝央美術文学館で展示します。

【募集期間】7月1日㊌~7月14日㊋【終了しました。】

【応募方法】応募用紙(勝央町公民館、勝央美術文学館にて配付)に描いて、勝央美術文学館に直接お持ちいただくか、郵送してください。

【対象】勝央町在住の方

応募用紙はこちら→pdfファイル「「みんなのアマビエ展」募集要項」

詳細を見る>>
終了しました
金賞作品展
常設展

ミマサカコドモ絵画展金賞作品展〈第1期〉

 
会期
2020年7月7日㊋〜8月30日㊐
 
会場
勝央美術文学館 町民ギャラリー2
 
料金
無料
 
主催
公益財団法人 美作学術文化振興財団
 

 第1回〜第8回のミマサカコドモ絵画展において金賞を受賞した作品を、1週間ごとに展示します。

(第9回〜第16回金賞作品は10/6㊋〜11/29㊐に展示予定)

 

休館日:毎週月曜日(祝日の場合は、翌平日)、7/23㊌

※7/14以降の火曜日の午前中は、作品入替の時間とさせていただきます。

 画像ファイル「ポスター」をダウンロードする(JPG:223kB)

詳細を見る>>
終了しました
入口掲示
展覧会

スポーツ競技大会アートポスター展【会期延長致しました。】

 
会期
2020年5月22日㊎〜6月28日(会期延長:7/1㊌〜8/30㊐)※7/23は電気点検作業日で臨時休館
 
会場
勝央美術文学館町民ギャラリー1
 
料金
無料
 
主催
勝央美術文学館
 

 来年に開催が延期された東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会をイメージし様々なアーティストたちが描いたアートポスターを紹介。

 「公益財団法人 東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会」から提供を受けた、公式アートポスター20点を一堂に展示します。

詳細を見る>>
終了しました
第2期
常設展

小企画39 木村毅とスポーツⅡ〈第2期〉

 
会期
2020年7月1日㊌〜8月30日㊐ ※7/23㊍は電気点検ため臨時休館致します。
 
会場
勝央美術文学館 特別展示室
 
料金
一般:300円 大学生・高齢者(65歳以上):100円割引 高校生以下無料 ※大学生・65歳以上は要証明書提示 ※20人以上の団体は2割引(ただし、他の割引との併用は不可)
 
主催
勝央美術文学館 
 

 オリンピック招致の一翼を担った木村毅の、オリンピックとの関わりを知る貴重な資料をご紹介します。

 新収蔵資料を追加し〈第2期〉がスタート。この新収蔵資料は、「東京都知事・東龍太郎からマリイ・ボナパルト・ジョルジュ妃殿下宛1964年東京オリンピックへの招待状」の草案(下書き)で、勝央町出身の文学者・木村毅の筆によるもの。この草案が書かれる4年前、78歳のマリイ妃が来日。木村毅は直接対面しています。

 木村毅は、マリイ妃の夫である、ギリシャのジョルジュ親王が、日本とオリンピックとの関係史に関わりのある人物のため、東京オリンピックに招待するアイデアを温めていたのです。

詳細を見る>>
終了しました
少年と犬
常設展

コレクション展vol.42 郷土の画家シリーズ −算術の−【会期延長】

 
会期
2020年5月12日㊋〜6月28日㊐(会期延長:7/1㊌-8/30㊐)※7/23㊍電気点検の為臨時休館致します。
 
会場
勝央美術文学館 展示室
 
料金
一般:300円 大学生・高齢者(65歳以上):100円割引 高校生以下無料 ※大学生・65歳以上は要証明書提示 ※20人以上の団体は2割引(ただし、他の割引との併用は不可)
 
主催
勝央美術文学館
 

 当館の所蔵作品から、郷土ゆかりの作家を中心に紹介するシリーズです。 

 二科会で活躍した福島金一郎や、独立美術協会の赤堀佐兵や、水野恭子、高山始ら岡山光風会メンバーの作品の中から、今回は、それぞれの作家のよく知られたものとは少し傾向の違う、今まであまり紹介していない珍しい作品を展示いたします。

詳細を見る>>
終了しました
3人展
展覧会

gallery exhibition vol.32 池田愛花里 やっぱ サラダボウル! 吉元咲希 作品展

 
会期
2020年2月16日㊐〜3月15日㊐
 
会場
勝央美術文学館町民ギャラリー1
 
料金
無料
 
主催
(公財)美作学術文化振興財団
 

 このたび、岡山県北ゆかりの若手作家 池田愛花里 やっぱ サラダボウル! 吉元咲希を紹介する展覧会を開催します。

 同じ平面というジャンルでありながら、池田愛花里は、油彩の微細なタッチで妄想的有機世界を圧倒的迫力で具現化します。やっぱ サラダボウル!は、「たべもの」というテーマを水彩絵具と色鉛筆を使い色鮮やかに瑞々しく描いています。吉元咲希もまた油彩で、色彩が溶け出すような筆致により心象風景を丹念に描きあげます。

 これら若き3人の初々しく煌めく表現を是非ご堪能ください。

pdfファイル「3人展チラシ」をダウンロードする(PDF:634kB)

 

gallery exhibition vol.32 関連講座 オリジナル・イースターエッグを作ろう!!!!

卵形の容器に絵を描いたり、シールを貼ったりしてデコレーション! 自分だけのイースターエッグを作ってみませんか?

講師:吉元咲希

参加費:500円 

要予約

日時:2月16日㊐ ①13:30〜14:30 ②15:00〜16:00 

対象:どなたでも(小学2年生以下は保護者同伴)

定員:各回7名

会場:勝央美術文学館(岡山県勝田郡勝央町勝間田207−4)

申込受付期間:1月11日(土)〜1月26日(日)      ※定員に達し次第、締め切ります。

問合せ・申込:勝央美術文学館 ☎0868−38−0270        

(10:00〜18:00/休館日 1/14㊋、1/20㊊)

pdfファイル「関連講座」をダウンロードする(PDF:19.2MB)

詳細を見る>>
終了しました
陶芸教室の作品展
企画展

第16回陶芸教室の作品展

 
会期
2020年3月10日㊋〜3月22日㊐
 
会場
勝央美術文学館 町民ギャラリー2
 
料金
無料
 
主催
勝央美術文学館
 

 

 勝央美術文学館主催のMUSEUM講座「陶芸入門講座」受講生による作品展を開催。

2019年度に全7回にわたって開催した1年間の成果を発表します。講師、副講師の作品、また同講師で活動する「陶芸応用講座」生徒作品も同時に展示いたします。

*最終日(3/22㊐)は16:00までの開館となりますので、ご注意ください。 

同時に、新年度の「陶芸入門講座」受講生を募集いたします。募集期間は2/16〜3/15となっておりますので、期間中に勝央美術文学館にお問合せください。

お問合せ先:勝央美術文学館(tel.0868-38-0270)

 pdfファイル「陶芸教室作品展」をダウンロードする(PDF:210kB)

詳細を見る>>
終了しました
絵画教室作品展
企画展

令和元年度絵画教室作品展

 
会期
2020年2月16日 ㊐ ~29日 ㊏
 
会場
勝央美術文学館 町民ギャラリー2
 
料金
無料
 
主催
勝央美術文学館
 

 

 勝央美術文学館主催のMUSEUM講座「絵画教室」受講生による作品展を開催。講座で学んだ1年間の成果を発表します。講師、副講師の作品もあわせて展示いたします。

 また、令和2年度MUSEUM講座受講生を募集しています。詳細はこちら→pdfファイル「募集要項」

 

詳細を見る>>
終了しました
第16回ミマサカコドモ絵画展ポスター
展覧会

第16回ミマサカコドモ絵画展

 
会期
2020年1月7日㊋~1月26日㊐
 
会場
勝央美術文学館 展示室 町民ギャラリー1・2
 
料金
無料
 
主催
(公財)美作学術文化振興財団
 

 美作管内(3市5郡)の小学校より応募のあった子どもたち作品を毎年1月に紹介しています。
 今回は、40校より出品作品416点の応募があり、昨年12月上旬の審査会で決定した、金賞以下の優秀作とその他の出品作すべてを、前回の金賞作品6点とあわせて展示します。子どもたちの個性溢れる素晴らしい作品をどうぞご堪能ください。

 

詳細を見る>>
終了しました
鑑賞会チラシ2
イベント

「見て、感じて、遊ぼう!はんが遊園地-府中市美術館のゆかいな創作版画コレクションより-」関連イベント
「第2回おしゃべり版画鑑賞会」

 
会期
2019年12月1日㊐午前10:30〜12:00
 
会場
勝央美術文学館
 
料金
要観覧券
 
主催
勝央町、勝央町教育委員会、第19回共同巡回展実行委員会
 

平成30・令和元年度市町村立美術館活性化事業 第19回共同巡回展「見て、感じて、遊ぼう!はんが遊園地-府中市美術館のゆかいな創作版画コレクションより-」おしゃべり版画鑑賞会のご案内をいたします。 

ご好評につき、「第2回おしゃべり版画鑑賞会」の開催が決定いたしました。

体全体を使った五感鑑賞法 による作品の楽しみ方などを当館学芸員と気楽に楽しくおしゃべりしながら体験します。是非ご参加ください。詳しい内容はこちら。「創作版画」の世界により楽しく親しんでいただきます。

日時 : 12月1日(日)10時30分〜12時

会場:勝央美術文学館

講師:当館学芸員

要観覧券(一般500円、大学生・65歳以上100円引、高校生以下無料)

 

 

詳細を見る>>

一般財団法人地域創造による公立美術館活性化事業の一環で行われる巡回展。昨年度より府中市美術館の創作版画コレクションをベースに企画準備を実施し、4月より上田市、安城市、掛川市、須坂市、勝央町の順で巡回。

終了しました
はんが遊園地
特別展

見て、感じて、遊ぼう!はんが遊園地-府中市美術館のゆかいな創作版画コレクションより‐

 
会期
2019年11月9日㊏〜12月1日㊐
 
会場
勝央美術文学館
 
料金
観覧料:一般500円、大学生・シルバー(65歳以上)・20名以上の団体100円引、高校生以下無料
 
主催
勝央町、勝央町教育委員会、第19回共同巡回展実行委員会
 

上田市立美術館から安芸市民ギャラリー、掛川二の丸美術館、須坂版画美術館を巡ってきた巡回展がいよいよ勝央美術文学館にやってきます。「見て、感じて、遊ぼう!はんが遊園地」では、作品を年代や作家ではなく、純粋なイメージに沿って展示します。

直感的に楽しめる創作版画から、地域の多彩な版画作品まで、遊園地を楽しむように観ていただきたいです。自由で楽しい版画の世界をお楽しみください。

また、YouTubeでも、講談師 宝井琴鶴さんによる、ズバリ!「創作版画講談」が公開中。創作版画の歴史や魅力、鑑賞方について分かりやすく語っていただいてます!是非ご覧ください。↓↓↓

https://www.youtube.com/watch?v=9Wsl5MNop6A&feature=youtu.be

 

詳しくはこちら→pdfファイル「はんが遊園地チラシ」をダウンロードする(PDF:1.5MB)

 

 

詳細を見る>>
終了しました
鑑賞会チラシ
イベント

「見て、感じて、遊ぼう!はんが遊園地-府中市美術館のゆかいな創作版画コレクションより-」関連イベント
「おしゃべり版画鑑賞会」

 
会期
2019年11月24日㊐午前10:30〜12:00
 
会場
勝央美術文学館
 
料金
要観覧券
 
主催
勝央町、勝央町教育委員会、第19回共同巡回展実行委員会
 

平成30・令和元年度市町村立美術館活性化事業 第19回共同巡回展「見て、感じて、遊ぼう!はんが遊園地-府中市美術館のゆかいな創作版画コレクションより-」おしゃべり版画鑑賞会のご案内をいたします。 

体全体を使った五感鑑賞法 による作品の楽しみ方などを当館学芸員と気楽に楽しくおしゃべりしながら体験します。是非ご参加ください。詳しい内容はこちら。「創作版画」の世界により楽しく親しんでいただきます。

日時 : 11月24日(日)10時30分~12時

会場:勝央美術文学館

講師:当館学芸員

要観覧券(一般500円、大学生・65歳以上100円引、高校生以下無料)

 

 

詳細を見る>>
終了しました
ワークショップ
イベント

「見て、感じて、遊ぼう!はんが遊園地−府中市美術館のゆかいな創作版画コレクションより−」関連ワークショップ

 
会期
2019年11月16日㈯、11月23日㈯
 
会場
勝央美術文学館 町民ギャラリー2
 
料金
要観覧券、要観覧券+材料代500円
 
主催
勝央町、勝央町教育委員会、第19回共同巡回展実行委員会
 

平成30・令和元年度市町村立美術館活性化事業 第19回共同巡回展「見て、感じて、遊ぼう!はんが遊園地−府中市美術館のゆかいな創作版画コレクションより−」の関連ワークショップとして以下の3つの募集を行っております。

いずれも会場は、勝央美術文学館町民ギャラリー2です。

 

楽しく版画体験

彫ってある版木を使って多色刷りに挑戦!木版画のポストカードを作ります。

日時:11月16日㈯14:00〜16:00

対象:どなたでも(小学2年生以下は保護者同伴)

定員:8名

要観覧券

講師:瀬戸内版画会県北会員

 

身近な素材を使って色版を体験してみよう!

野菜や文房具など身近な素材を使って、エコバッグにスタンプしてみよう!

日時:10:30〜12:00

対象:小学生以下(小学2年生以下は保護者同伴)

定員:8名

要観覧券+材料代500円

講師:水嶋育子

 

消しゴムハンコで自分だけの蔵書印を作ろう!

消しゴムを使って自分だけの蔵書印(本などに自分の物としてつける印)を作ります。年賀状やグリーティングカードにも使えるかも!

日時:11月23日㈯14:00〜16:00

定員:8名

対象:小学生以上どなたでも(小学2年生以下は保護者同伴)

要観覧券+材料代500円

講師:水嶋育子

 

募集期間:10月22日㈫〜11月3日㈰ ※定員になり次第、募集を締め切ります。

お問合せ・お申込:勝央美術文学館 tel.0868-38-0270(10:00〜18:00)

画像ファイル「ワークショップ」をダウンロードする(JPG:1.1MB)

詳細を見る>>
終了しました
講談会チラシ
イベント

「見て、感じて、遊ぼう!はんが遊園地-府中市美術館のゆかいな創作版画コレクションより-」オープニングイベント

 
会期
2019年11月9日㊏
 
会場
勝央美術文学館 町民ギャラリー1
 
料金
要観覧券
 
主催
勝央町、勝央町教育委員会、第19回共同巡回展実行委員会
 

平成30・令和元年度市町村立美術館活性化事業 第19回共同巡回展「見て、感じて、遊ぼう!はんが遊園地-府中市美術館のゆかいな創作版画コレクションより-」のオープニングイベントのご案内をいたします。 

開会式+オープニングイベント「創作版画ってなに?」

府中市美術館副館長補佐・志賀秀孝氏をお迎えし、「創作版画」の魅力について熱く語っていただきます。また、その入門編として同氏が企画・監修を手がけた「創作版画講談」を、講談師の宝井琴鶴氏に生で演じていただき「創作版画」の世界により楽しく親しんでいただきます。

日時 : 11月9日㊏ 開会式 9:30〜

   ・オープニングイベント 10:00〜11:30

会場:勝央美術文学館町民ギャラリー1

講師:志賀秀孝(府中市美術館副館長補佐) 

出演:講談師 宝井琴鶴

要観覧券

 

宝井琴鶴講談会「創作版画講談」「神崎与五郎東下り」

アフタートーク 宝井琴鶴×志賀秀孝「創作版画と講談」

講談師の宝井琴鶴氏が「創作版画講談」+ 勝央町縁の赤穂浪士・神崎与五郎の男っぷりを描く「神崎与五郎東下り」地元で初めて演じます!また、アフタートークでは「創作版画講談」の制作秘話などを明かします。

日時:11月9日㊏ 13:00〜14:30

会場:勝央美術文学館町民ギャラリー1

出演:講談師・宝井琴鶴 

講師:志賀秀孝(府中市美術館副館長補佐)

予約受付:10月22日㊋ 10:00〜 勝央美術文学館(tel.0868-38-0270)

pdfファイル「オープニングイベントチラシ」をダウンロードする(PDF:14.9MB)

要観覧券 要予約

 

 

詳細を見る>>
終了しました
表
イベント

演劇公演『往来〜綺堂・ホームズ・恋と魔犬』

 
会期
2019年10月19日㊏19:00〜/10月20日㊐13:00〜
 
会場
勝央美術文学館 町民ギャラリー1
 
料金
前売り2,000円(当日は500円増)
 
主催
岡本綺堂没後80年岡本綺堂生誕110年記念事業実行委員会
 

 生誕110年を迎える勝央町出身の出版人・岡本経一と、その師であり、後に経一を養嗣子(後継)として迎えた劇作家・岡本綺堂の没後80年を記念して、四国を拠点に活動する劇団、株式劇団マエカブとUnit outによる演劇を上演します。

 これまで、平成30年12月・平成31今年1月に、株式劇団マエカブとUnit out合同公演として『往来〜綺堂・ホームズ・師走・新年。〜』を高松、松山にて上演しています。

 そして、平成31年3月には、勝央美術文学館特別展示室にて、大道具、小道具などの舞台セットを使わないでリーディング公演を行いました。

 本公演では、脚本も新たにし、勝央美術文学館の町民ギャラリーに舞台セットを組み、大正時代の独特の物語の世界へ誘います。

 江戸の気配を色濃く残しつつも新しい時代の流れを生み出した大正時代を背景に、探偵小説の金字塔「シャーロック・ホームズ」と、岡本綺堂が描いた「半七捕物帳」・シャーロック・ホームズ初期の読者でもあり日本捕物帳の祖である岡本綺堂、それぞれの物語をお楽しみください。

アフタートーク

10/20㊐の公演後に作家・翻訳家でもあり、シャーロック・ホームズ研究家でもある北原尚彦先生の対談があります。こちらは演劇公演をご覧になった方のみとなりますので、ぜひ足をお運び下さい。

画像ファイル「チラシ表」をダウンロードする(JPG:124kB)

画像ファイル「チラシ裏」をダウンロードする(JPG:131kB)

詳細を見る>>
終了しました
モンゴル
展覧会

大モンゴル展

 
会期
2019年10月1日 ㊋~14日 ㊊㊗
 
会場
勝央美術文学館町民ギャラリー2
 
料金
無料
 
主催
勝央モンゴル協会
 

モンゴルってどんな国?

モンゴルには何があるの?

勝央モンゴル協会の会員が現地で撮った写真とともにモンゴルを旅します。

詳細を見る>>
終了しました
きんときコドモ絵画展
展覧会

第9回きんときコドモ絵画展

 
会期
2019年10月1日㊋ ~10月14日 ㊊㊗
 
会場
勝央美術文学館
 
料金
無料
 
主催
勝央町、勝央町教育委員会
 

金太郎(坂田金時)の町・勝央町の保育園年長さんが描いた金太郎の絵を展示します。

開館時間:10:00〜18:00(入館は17:30まで)※13㊐のみ8:00〜16:00

 

※10/12㊏・13㊐(雨天の場合は14㊊㊗も)は、金時祭のため、駐車場がご利用いただけません。

詳細を見る>>
このページのトップへ