杦ヶ谷を渡る八重桐と金太郎
特別展

勝央町町制70周年・勝央美術文学館 開館20周年記念展 森神(もりがみ) KINTARO 田島征三 森と命とARTの世界

 
会期
2024年8月10日㊏〜2024年10月14日㊊・㊗
 
会場
勝央美術文学館
 
料金
一般:500円 大学生・高齢者(65歳以上):100円割引 高校生以下無料 ※大学生・65歳以上は要証明書提示 ※20人以上の団体は2割引(ただし、他の割引との併用は不可)
 
主催
勝央美術文学館
 

勝央町町制70周年と開館20周年を記念し、子どもとその保護者向けに開催。勝央町ゆかりの「坂田金時」の幼少期を描いた絵本「きんたろう」(1996年発行/教育画劇)の作画者である絵本作家で現代アーティスト 田島征三氏の迫力ある絵本原画や最新作を通して、豊かな森の中で動物たちと戯れ逞しく成長した野生児「金太郎」のキャラクターとその後、武将として大成するも、志半ばにして勝央の地で熱病にかかって亡くなり、その魂が勝央の地で再生され「森神」となる姿を、家族揃って鑑賞し楽しんでいただきたい。

出品作品:絵本「きんたろう」(1996、教育画劇)他、田島征三氏の「金太郎」をテーマとした100号~200号の最新作11点やメインビジュアルに使用している大作「杦ヶ谷を渡る八重桐と金太郎」他、関連作品資料等を展示。

◎田島征三公開制作(ライブペインティング)8/10㊏、10/5㊏ 何れも13時より

同時開催: きんときコドモ絵画展

     『勝央の金時』絵本原画展 

 pdfファイル「チラシ(両面)」をダウンロードする(PDF:1.2MB)