お知らせ

お知らせ

勝央町出身の出版人 岡本経一の養父であり、師でもある劇作家 岡本綺堂。本町ゆかりの「怪談文芸の名手」岡本綺堂を顕彰し、子ども時代から怪奇に触れ「怪談」を心から愛した綺堂にちなみ、全国の小中学生から「こわい話」を募集する作文コンクールを実施いたします。
この作文公募は、令和4年度に岡本綺堂生誕150年を記念し、本町出身の出版人で綺堂の養嗣子である岡本経一が尽力し、かつて設置された「岡本綺堂賞」の志を引き継ぐべく、子ども時代から怪奇に触れ「怪談」を心から愛した綺堂になぞらえ、全国の小中学生の皆様から「こわい話」を募るコンクールとして創設しました。昨年も全国から101点の作品をお寄せいただき、子どもたちの独創性に溢れる作品の数々を収めた入賞作品集を発行することができました。3回目となる本年もこのコンクールを実施し、綺堂の業績を次世代に伝え、綺堂作品が子供たちに読み継がれていくことを望むとともに、「こわい話」を紡ぎだす子どもたちの創造力を育む機会となることを目指しています。
審査委員長は、子どもから大人までを震え上がらせた『怪談えほん』シリーズ(岩崎書店)の監修者 東雅夫(ひがし・まさお)先生です。

岡本綺堂(おかもと・きどう)1872−1939 <劇作家・小説家>

顕彰者 岡本綺堂

岡本綺堂顕彰事業 第三回「こども怪談コンクール」開催に寄せて
 
東 雅夫
 
 「修禅寺物語」をはじめとする新歌舞伎の劇作家として、また「半七捕物帳」に代表される推理小説の先駆的作家として、昭和の文壇に特異な地歩を築いた岡本綺堂は、その一方で、いわゆる「怪談文芸」、怖い話の大家としても、創作に、翻訳に、たいそう重きを成した作家でした。
 その偉業を称え、後世に伝えるべく、勝央美術文学館が中心となって令和四年に設立された『ぷち ぶち こわいはなし』──こども怪談コンクールの第三回公募が、このほど行われることになりました。
 第一回、第二回では、小・中学生を対象にした小説作品のコンテストとしては異例に思えるほど、力のこもった作品が寄せられたことに、われわれ審査委員も大いに驚かされました。とりわけ前回の第二回で、小学生の部特賞を受賞した、「ブリ(鰤)」をめぐる物語の、ぶっとんだ内容には唖然呆然、まさに読者の予想を超える作品だったことは、記憶に新しいところです。
 綺堂先生の作品にも、しばしばそうした、良い意味で読者の予想を上回る、意外性に満ちた怪談作品が、数多く存在します。私が朗読を披露した「猿の眼」(『青蛙堂鬼談』所収)なども、その典型といえるでしょう。
 今回もまた、われわれが思いもつかない、想像力を駆使した、度外れた作品が寄せられることを、愉しみにしています。どうか、ふるっての御応募を!

審査委員長 東雅夫

東雅夫(ひがし・まさお)
1958年、神奈川県横須賀市生まれ。アンソロジスト、文芸評論家。
早稲田大学文学部卒。1982年より「幻想文学」、2004年より「幽」の編集長を歴任。2011年、『遠野物語と怪談の時代』で第64回日本推理作家協会賞を受賞。著書に『百物語の怪談史』(角川ソフィア文庫)ほか、編纂書に『文豪ノ怪談ジュニア・セレクション』(汐文社)ほか多数、監修書に『怪談えほん』(岩崎書店)ほか。最新刊に、泉鏡花『外科室・天守物語』(新潮文庫)『文豪たちの怪談ライブ』(ちくま文庫)など。

募集要項

第3回こども怪談コンクール募集要項 表面 

第3回こども怪談コンクール募集要項チラシ裏面

●募集テーマ 

勝央町ゆかりの劇作家 岡本綺堂を顕彰し、怪奇小説作家でもあった綺堂にちなんで全国の小中学生の皆さんから「こわい話」を募集します。 お化けや幽霊、妖怪、はたまた名も無い何か・・・私たちとは違う怪しい存在たちが引き起こす不思議でぞっとするこわーい話、お待ちしています。

●応募対象 

小学生・中学生 

応募作品は日本語で書かれた800文字以内の作品で、本人が創作した未発表のもの、1人1点に限ります。

データでのご応募に限ります。(※保護者による文字入力の補助は可とします)

●応募方法 

ご応募はウェブ応募フォームからのデータ送信のみ受付します。 持ち込み・郵送は受付しません。 作品データを下記のウェブ応募フォーム二次元コードから、もしくは、勝央美術文学館ウェブサイト内のリンクから、送信してご応募ください。(6月1日から受付開始になります。)

学校単位での団体応募ができます。  団体応募の様式(Excel)をメールでお送りしますので当館ウェブサイト画面下端のメールフォームからお問い合わせください。

<第3回こども怪談コンクールウェブ応募フォーム>

 第3回こども怪談コンクール2次元コード

<第3回こども怪談コンクールウェブ応募フォーム リンク>

https://apply.e-tumo.jp/town-shoo-okayama-u/offer/offerList_detail?tempSeq=36100 

●賞

小学生の部・中学生の部、それぞれの優秀作品を表彰します。

◇特 賞 各1名・・・賞状、副賞として図書カード1万円分

◇優秀賞 各1名・・・賞状、副賞として図書カード5千円分

◇入 選 各4名程度・・・賞状、副賞として図書カード千円分

◇佳 作 各4名程度・・・賞状、副賞として図書カード5百円分

※入賞作品を掲載した作品集を発行します。

●受付期間

令和6年6月1日(土)〜7月31日(水)必着

●発表

令和6年10月上旬に勝央美術文学館ウェブサイトで発表します。

●表彰

令和6年10月13日(日)「勝央町金時祭」会場で行う予定です。

●注意事項

※入賞作品の著作権は、原作者と主催者に帰属します。
※入賞作品は、岡本綺堂顕彰事業に使用されることがあります。
※応募作品は、勝央町の出版物などに無償で利用できるものとします。
※応募作品に誤字がある場合、選考の過程で修正することがあります。
※選考についての問い合わせには応じられません。
※盗作・類似・流用等、著作権に触れるものは審査の対象外とし、表彰後でも受賞を取り消します。

◎みなさまからのたくさんのご応募、お待ちしています。

pdfファイル「第3回こども怪談コンクール募集要項」をダウンロードする(PDF:1.6MB) 

猫に恋する作家展

2024年06月08日

猫に恋する作家展チラシ
企画展

猫に恋する作家展

 
会期
2024年6月16日㊐〜2024年6月30日㊐  月曜日休館
 
会場
勝央美術文学館 町民ギャラリー1
 
料金
無料
 
主催
勝央美術文学館
 

猫に恋する4組の作家が、「猫」をテーマに作品を制作。

日常の中で見かけた姿やふとした表情を表現したり、物語の中で生きるキャラクターとして描いたり・・・。

それぞれが色んな技法や表現で猫への愛を語ります。

いろいろぐみ展

2024年04月27日

終了しました
いろいろぐみ展チラシ
企画展

いろいろぐみ展

 
会期
2024年4月27日㊏〜2024年5月12日㊐ *会期中の休館日は、4/30(火)・5/7(火)
 
会場
勝央美術文学館 町民ギャラリー1
 
料金
無料
 
主催
勝央美術文学館
 

「いろいろぐみ展」は、2003年夏、“the carnival of hen”(雌鶏たちの謝肉祭)と銘打って年齢や職業もバラバラ、趣向のまったく違う作風や個性を放つ女性たちが、ただ一つ前を向き歩き続けている・・・という共通点で集まり、それぞれの個性を同じ会場で乱舞させることが目的で始まった展覧会です。

県北のギャラリーなどで毎年開催していましたが、勝央美術文学館では初の開催となります。

終了しました
ぼくとわたしの作品展
企画展

みんな天才アーティスト!!ぼくとわたしの作品展in勝央美術文学館

 
会期
2024年4月4日㊍〜2024年4月14日㊐ 月曜日休館
 
会場
勝央美術文学館 町民ギャラリー1
 
料金
無料
 
主催
母子クラブ、勝央町役場健康福祉部
 

勝央町に住んでいる未就学児の子どもの作品を展示します。

最終日(4/14㊐)は17:00まで。

終了しました
令和6年度ちるどれんずあーとプログラム受講生募集チラシ
イベント

令和6年度MUSEUM講座「ちるどれんずあーとプログラム」

 
会期
【第1回】5月18日(土) 【第2回】6月15日(土) 【第3回】7月6日(土)
 
会場
勝央美術文学館 中庭・町民ギャラリーなど
 
料金
1,500円(全3回分・材料費込み・初回集金)
 
主催
勝央美術文学館
 

保育園年中から小学1年生のこどもを対象とした美術教室の受講生を募集します。

おえかきや工作好きのこどもたちをお待ちしています!

 

対象:保育園新年中から小学校新1年生(保護者の同伴が必要です。)

受講料:1,500円(全3回分・材料費込み・初回集金)

定員:10名

予定:【第1回】5月18日(土)「粘土で作ろう」 

   【第2回】6月15日(土)「親子で作ろう」

   【第3回】7月6日(土)  「みんなで描こう」

会場:勝央美術文学館 中庭・町民ギャラリーなど

時間:10:00〜11:00

講師:岡田生恵先生

受付開始:4月9日㈫10:00〜 ※締切:4月16日㈫

*応募者多数の場合は抽選とさせていただきます。抽選結果は5月上旬に発送予定です。

お申込・お問い合わせ:勝央美術文学館 0868-38-0270(10:00〜18:00・月曜休館)

pdfファイル「令和6年度ちるどれんずあーとプログラム受講生募集チラシ」をダウンロードする(PDF:546kB)

 

俺たち綺堂門下生
常設展

小企画44 俺たち綺堂門下生

 
会期
2024年3月30日㊏〜2024年6月30日㊐  月曜日休館(祝日の場合は翌日休館)
 
会場
勝央美術文学館 特別展示室
 
料金
一般:300円 大学生・高齢者(65歳以上):100円割引 高校生以下無料 ※大学生・65歳以上は要証明書提示 ※町内の65歳以上は証明書提示で無料 ※20人以上の団体は2割引(ただし、他の割引との併用は不可)
 
主催
勝央美術文学館
 

 勝央町出身の劇作家 額田六福(1890~1948)が、劇作家 岡本綺堂に弟子入りしたことを切っ掛けに勝央町と岡本綺堂の間には浅からぬ縁が生まれました。六福が門戸を叩いたことで、本町から下山省三(1907~1971)が後に続き門下となり、六福の紹介で岡本綺堂家の書生を務めていた岡本(旧姓:森部)経一(1909~2010)が岡本家の養嗣子となり、そして最後の直弟子となります。綺堂の門下生35名のうち、本町出身者が3名を数えることになったのです。3名とも綺堂が主宰した演劇雑誌『舞臺』の運営に深く携わり、綺堂の没後も三者三様の形で、文筆の才能をそれぞれ劇作、出版、教育の場で発揮しました。本展ではそんな彼らが遺したものの一端をご紹介し、本町出身・縁のある文士たちが遺した功績に身近に触れていただく機会となることを望みます。  

 

 

 

 

 

 

 

素描と淡彩Ⅻ
常設展

コレクション展vol.47 郷土の画家シリーズ 素描と淡彩Ⅻ

 
会期
2024年3月30日㊏〜2024年6月30日㊐  月曜日休館(祝日の場合は翌日休館)
 
会場
勝央美術文学館 展示室
 
料金
一般:300円 大学生・高齢者(65歳以上):100円割引 高校生以下無料 ※大学生・65歳以上は要証明書提示 ※町内の65歳以上は証明書提示で無料 ※20人以上の団体は2割引(ただし、他の割引との併用は不可)
 
主催
勝央美術文学館
 

当館コレクションの中から、素描や淡彩の作品を紹介するシリーズの12回目。洋画団体 二科会で活躍した福島金一郎は、1928(昭和3)年 30歳でフランスに渡り、アカデミー・ランソンにて、ビッセール及びボナールに師事しました。その後、福島は、96歳で亡くなる直前まで度々渡仏し、パリの風景をその卓越した筆遣いでスケッチして、油絵とは一味違う独特の水彩画を数多く遺しました。今回は、その福島の作品を含む紙に描かれた作品40点あまりを紹介いたします。 

 

 

 

 

終了しました
第20回陶芸教室の作品展チラシ
企画展

第20回 陶芸教室の作品展

 
会期
2024年3月19日㊋〜2024年3月31日㊐ 月曜日休館
 
会場
勝央美術文学館 町民ギャラリー2
 
料金
無料
 
主催
勝央美術文学館
 

  勝央美術文学館主催のMUSEUM講座「陶芸入門講座」と自主講座「陶芸応用講座」の受講生と講師の作品を展示します。

 これらの講座は、全7回で月に1回、勝央町公民館2階の工芸室を会場に行っています。今年度の講座では、絵付けをした「そば猪口」、植物の葉でマスキングして化粧土を掛けて装飾した「白化粧のうつわ」、丸い石や小さなスイカなどを型にして作った「三つ足小鉢」、陶板で作る「表札」や、「汁碗」などを制作しました。その中から作者が選んだ、お気に入りの作品が出展されます。最終日(3/31㊐)は、16時までとなります。ぜひ、ご覧ください。
 

 

 

 

 

 

 

 

勝央美術文学館では、イベントや事業の運営のサポートをしてくださるボランティアを募集します。美術文学館の活動に興味がある方をお待ちしています!
※交通費・報酬等の支払いはありません。※ボランティア保険に加入します。保険料の負担はありません。
 
【募集対象】18歳以上で、複数回参加可能な方。
【申込方法】申込書にご記入の上、下記申込先まで郵送・持参・FAXするか、下記申込フォームからお申し込みください。
※ボランティア登録後、1回目の参加時に「MUSEUMボランティア認定証」を配付します。
【活動内容】主に、子ども向け講座の補助や展覧会広報物の発送作業。その他、イベントの内容によっては、会場準備や受付補助、会場案内などもあります。
【参加方法】サポートしていただきたいことがあるときに、ボランティアのみなさまに、メールにてご連絡をいたします。参加できる場合はお返事をください。(多数の場合は、抽選)
メールでの連絡を推奨していますが、メール不可の方は別の方法で、ご連絡いたします。
【申込期間】2024年3月1日(金)〜3月24日(日)
     [持参の場合]10:00〜18:00 ※月曜休館 ※3/12㊋〜17㊐展示替え休館
【特  典】当館への入館料の免除(要「MUSEUMボランティア認定証」)。展覧会の案内や機関紙の送付。
 
【お問い合わせ・お申し込み】
 
勝央美術文学館 
〒709-4316 岡山県勝田郡勝央町勝間田207-4
TEL.0868-38-0270  FAX.0868-38-0260
E-mail shoomuse@town.shoo.okayama.jp

【申込フォーム】

https://apply.e-tumo.jp/town-shoo-okayama-u/offer/offerList_detail?tempSeq=36099

 

pdfファイル「MUSEUMボランティア募集要項・申込書」をダウンロードする(PDF:169kB)

終了しました
令和5年度絵画教室作品展
企画展

令和5年度 絵画教室作品展

 
会期
2024年2月17日㊏ ~2023年3月2日㊏ ※月曜休館
 
会場
勝央美術文学館 町民ギャラリー1
 
料金
無料
 
主催
勝央美術文学館
 

勝央美術文学館主催のMUSEUM講座「絵画教室」受講生と講師の作品を展示します。

また、令和6年度のMUSEUM講座「絵画教室」受講生を募集します。募集期間は2/18㊐〜3/2㊏です。

詳細はこちら→pdfファイル「令和6年度絵画教室募集要項」

お申し込み・お問い合わせ先:勝央美術文学館(tel.0868-38-0270) 

終了しました
第20回ミマサカコドモ絵画展
展覧会

第20回ミマサカコドモ絵画展

 
会期
2024年1月6日㊏〜2023年1月28日㊐ 月曜日休館(1/8㊊は開館、1/9㊋が休館になります)
 
会場
勝央美術文学館
 
料金
無料
 
主催
公益財団法人 美作学術文化振興財団
 

 美作管内(3市5郡)の小学校から募集した、子どもたちの絵画作品を紹介する展覧会を開催します。  

 今回は、39校から413点の応募があり、12月の審査会で決定した金賞以下の優秀作とその他応募作品すべてに加え、昨年の金賞受賞作6点を合わせて展示紹介します。  

 美作地域の子どもたちの個性溢れる素晴らしい作品をどうぞご堪能ください。

休館日:1/9㊋ 1/15㊊ 1/22㊊ (1/8㊊は祝日開館しています。)

 

【展覧会のようす】

 

会場1会場2会場3

 

【第20回ミマサカコドモ絵画展 金賞作品】

 金賞 谷口 一華 金賞 岸本 奈々 金賞 牛房 咲紅

題名 クジラのシャボン玉

美作市立土居小学校 1年生

谷口 一華(たにぐち いちか)

題名 あじさいとじぶん

西粟倉村立西粟倉小学校 2年生

岸本 奈々(きしもと なな)

題名 ひまわり

美咲町立柵原西小学校 3年生

牛房 咲紅(ごぼう さく)

 金賞 橋本 千弘  金賞 戸田 琴音 金賞 島 心暖

題名 クロダイがつれたよ

美作市立美作北小学校 4年生

橋本 千弘(はしもと ちひろ)

題名 吉備津彦神社

鏡野町立南小学校 5年生

戸田 琴音(とだ ことね)

題名 神の不死鳥

美作市立江見小学校 6年生

島 心暖(しま こはる)

   

 地域の文化的交流と創作活動を促進するため、芸術作品の創作展示や生涯学習活動の成果を発表する場として、勝央美術文学館町民ギャラリーの利用者を募集します。

 

利用スペース

 勝央美術文学館 町民ギャラリー1/町民ギャラリー2

 

使用申込可能期間

 令和6年4月〜6月、令和7年3月の最大6日以内。(搬入日・搬出日を含む)

 ※ただし月曜日(祝日の場合は翌平日)、年末年始、展示替等による特別休館日を除く。  

 ※上記の期間中においても使用できない日がございます。詳しくは、お問い合わせください。  

 ※上記以外の期間は要相談となります。

 

使用料

 1日あたり/冷暖房費・備品使用料込み

【町民ギャラリー1】8,000円
【町民ギャラリー2】4,000円 

 ※町内に住所を有する個人又は団体、勝央町文化協会に加入している個人又は団体は半額

 ※入場料、会費等を徴収する場合の使用料は倍額になります。

 ※作品の販売は禁止しています。

 

申込受付開始

 令和6年1月6日(土)10:00開始

 pdfファイル「令和6年度町民ギャラリー利用者募集要項」(PDF:225kB)

終了しました
文化祭チラシ表面
イベント

第53回勝央町文化祭 第16回生涯学習フェスティバル

 
会期
2023年11月4日㊏~2023年11月5日㊐ 
 
会場
勝央美術文学館 展示室 町民ギャラリー1 町民ギャラリー2
 
料金
無料
 
主催
勝央町文化協会・勝央町教育委員会
 

第53回勝央町文化祭 第16回生涯学習フェスティバル

11月4日㊏・5日㊐ の2日間、勝央町公民館、勝央美術文学館、勝央文化ホールの3開場にて開催されます。

勝央美術文学館では、絵画・書道・小学生の書写・中学生の美術の作品の展示があります。

開館時間 11月4日㊏ 9:00〜18:00      

       11月5日㊐ 9:00〜15:00  

会場:勝央美術文学館 展示室 町民ギャラリー1 町民ギャラリー2

入場無料

pdfファイル「第53回勝央町文化祭・第16回勝央町生涯学習フェスティバルチラシ」(PDF:900kB)

終了しました
第46回瀬戸内版画展
企画展

第46回瀬戸内版画展

 
会期
2023年10月18日 ㊌~2023年10月29日 ㊐ 月曜日休館
 
会場
勝央美術文学館 町民ギャラリー1
 
料金
入場無料
 
主催
瀬戸内版画会 勝央美術文学館
 

 県内の版画家を中心に精力的に活躍する版画家集団「瀬戸内版画会」のメンバーによる作品展。1978年初代 木村政夫会長により<版>芸術をより多くの人々に紹介するため、瀬戸内在住の版画家の結集をめざして結成されました。<版>を使うという表現手段だけで一致している集団で、その手法も木版、シルクスクリーン、リトグラフ、エッチング、孔版、紙版と多彩。各人が自由に表現していくことを理念に掲げ作品を発表しています。

 様々な版画の魅力をぜひお楽しみください。

最終日29日のみ 14:00まで(入館は閉館の30分前まで)

pdfファイル「第46回瀬戸内版画展」(PDF:68kB)

(一社)みるを楽しむ!アートナビ岡山のみなさまによる「対話型鑑賞講座」
アートを鑑賞ながら、楽しくおしゃべり。感想を言いあったりしてお互いに作品への理解を深めます。

終了しました
イベント

アートの今・岡山2023-2024「旅」勝央会場 地域イベント
対話型鑑賞会「おしゃべりはアートのはじまり?はじまり!」

 
会期
2023年11月12日㊐ 13:30〜(1時間程度)
 
会場
勝央美術文学館 他
 
料金
一般:300円/大学生・高齢者(65歳以上)100円割引 ※要証明書提示/高校生以下無料  ※20人以上の団体は2割引(割引の併用は不可)
 
主催
勝央美術文学館
 

◎対話型鑑賞会「おしゃべりはアートのはじまり?はじまり!」

【ナビゲーター】(一社)みるを楽しむ!アートナビ岡山

 作品を見ながら、楽しくおしゃべりしたり感想を言いあったりしながら、お互いに作品への理解を深めます。

日時:令和51112日(日)午後130分より1時間程度

会場:勝央美術文学館+勝央図書館+下山本陣

対象:どなたでも

定員:15名(要予約)*申し込みメールフォームかお電話でご予約ください。

料金:参加無料 *ただし、当日の入場料が必要(高校生以下無料)

 

申し込みメールフォームはこちら

↓↓↓

https://apply.e-tumo.jp/town-shoo-okayama-u/offer/offerList_detail?tempSeq=33177

「アートの今・岡山 2023-2024 旅」の勝央会場地域イベント。
陶芸家で美術家の きむらとしろうじんじんによる「野点」イベント。
「焼立器飲茶美味窯付移動車」による、楽焼ワークショップとお抹茶お手前を実施。

終了しました
「野点(のだて)」の様子
イベント

「アートの・岡山 2023-2024 旅」勝央会場 地域イベント
 きむらとしろうじんじん「野点」2023 in 岡山/勝央

 
会期
2023年11月19日㊐正午から日暮れまで
 
会場
下山本陣
 
料金
お茶碗:2500円 お抹茶300円
 
主催
「アートの今・岡山」展実行委員会、旧野﨑家住宅、松島分校美術館、 勝央美術文学館、華鴒大塚美術館、岡山県天神山文化プラザ、 岡山県、岡山県文化連盟
 

イベント名:きむらとしろうじんじん「野点」2023 in 岡山/勝央

野点の様子1野点の様子3
【クリエイター】きむらとしろうじんじん

内容:陶芸家で美術家の きむらとしろうじんじんによる「野点」イベント。
   コロナ禍で、意気消沈している「まち」を「野点」で刺激し地域の皆様を元気にする。
   「焼立器飲茶美味窯付移動車」による、楽焼ワークショップとお抹茶お手前を実施。
日時:令和5年11月19日(日)お昼頃から日暮れまで(雨天決行)
会場:下山本陣 〒709-4316岡山県勝田郡勝央町勝間田631-2 下山本陣 前庭
対象:どなたでも
   ※お茶碗の数は限りがあります。(予約できません。)
料金:お茶碗絵付け・・・1個 2,500円/お抹茶・・・1杯 300円
◎協力団体による同時開催イベント「おもてなしアートフリマ&フードコート」
   ・ママtoマルシェ
     地域のママ芸術家による作品販売+飲食屋台+ダンスなど
   ・勝央町文化協会・茶道裏千家勝間田教室「お抹茶おもてなし」
   ・勝間田焼復活会「七輪風窯」
   ・きのこの森「ドングリコマ・ストラップ」


*「じんじんさんガチャ」開催
11/19に実施する上記イベントを3か所を回ってシールを集めると、勝央美術文学館で「じんじんさんガチャが一回まわせて「じんじんさんバッジ」や「じんじんさんだるま」がもらえるよ。

!!注意!! イベントや会場によって終了時間が異なります。
    詳しくは、添付「アートの今広報用印刷物」中面をご確認ください。

pdfファイル「アートの今岡山2023-2024旅勝央会場チラシ」をダウンロードする(PDF:4.8MB)

終了しました
素描と淡彩Ⅺ
常設展

コレクション展vol.46 郷土の画家シリーズ 素描と淡彩Ⅺ

 
会期
2023年10月7日㊏〜2023年10月29日㊐  月曜日休館(祝日の場合は翌日休館)
 
会場
勝央美術文学館 特別展示室
 
料金
一般:300円 大学生・高齢者(65歳以上):100円割引 高校生以下無料 ※大学生・65歳以上は要証明書提示 ※20人以上の団体は2割引(ただし、他の割引との併用は不可)
 
主催
勝央美術文学館
 

 当館コレクションの中から、素描や淡彩の作品を紹介するシリーズの11回目。

 

 

 

 

 

 

 

 

終了しました
小企画43 青蛙堂の夕べ
常設展

小企画43 青蛙堂の夕べ

 
会期
2023年10月7日㊏〜2023年10月29日㊐  月曜日休館(祝日の場合は翌日休館)
 
会場
勝央美術文学館 特別展示室
 
料金
一般:300円 大学生・高齢者(65歳以上):100円割引 高校生以下無料 ※大学生・65歳以上は要証明書提示 ※20人以上の団体は2割引(ただし、他の割引との併用は不可)
 
主催
勝央美術文学館
 

数多の怪談作品を世に送り出した作家 岡本綺堂。

綺堂の怪奇小説の代表作『青蛙堂鬼談』の原稿を始め、綺堂が作品舞台に用いた「青蛙堂」関連の作品を中心にご紹介します。

また本企画では、奇しくも本年が綺堂の人生に大きな影響を与えた「関東大震災」から100年という節目の年にあたり、震災の翌年に発表されたものの、今まで書籍に収録される機会に恵まれなかった短編の奇譚「地震の杖」を初めて翻刻しました。ぜひお手に取ってご堪能ください。

 

展示の様子 

 

青蛙房の夕べ1青蛙房の夕べ2青蛙房の夕べ3青蛙房の夕べ4 

 

 

 

 

 

 

 

終了しました
第13回きんときコドモ絵画展
企画展

第13回きんときコドモ絵画展

 
会期
2023年10月7日㊏~2023年10月9日㊊㊗
 
会場
勝央美術文学館 町民ギャラリー2
 
料金
無料
 
主催
勝央町、勝央町教育委員会
 

勝央町内の保育園に通う年長さんたちが描いた、勝央町ゆかりの人物・坂田金時(金太郎)の絵を展示します。個性あふれる、かわいい作品が勢揃い! 

 

 

●岡本綺堂顕彰事業 第2回こども怪談コンクール 

ぷちぶちこわいはなし—僕らは最高に怖い話を作ってしまったかもしれない—

受賞者発表のお知らせ

 

勝央町ゆかりの劇作家岡本綺堂を顕彰し、怪奇作家でもあった綺堂にちなんで全国の小中学生の皆さんから「こわい話」を募集しましたところ、たくさんの小中学生の皆さまからご応募をいただきました。厳正なる審査の結果、受賞者が決まりましたので、発表させていただきます。

 

●小学生の部 

特 賞 勝央町立勝央北小学校  6年生 竹内 甫         作品名「ブリ」

優秀賞 大阪市立堀川小学校   3年生 白井 菫         作品名「盛り上がった土」

入 選 勝央町立勝間田小学校  6年生 ペンネーム:ジュピジュピ 作品名「あの日のベランダ」

入 選 美作市立大原小学校   5年生 ペンネーム:そわ     作品名「恐怖な自分」

入 選 名古屋市立藤が丘小学校 5年生 竹田 杏奈        作品名「シロコマカの呪い」

入 選 総社市立総社東小学校  4年生 武田 紀乃        作品名「奇妙な人」

入 選 勝央町立勝間田小学校  5年生 ペンネーム:ちーちゃん  作品名「私のことを拾ってください」

佳 作 勝央町立勝央北小学校  6年生 川端 久温        作品名「人形」

佳 作 勝央町立勝間田小学校  5年生 ペンネーム:K      作品名「ずっと見てるよ。」

佳 作 勝央町立勝間田小学校  5年生 ペンネーム:さーちゃん  作品名「トイレの中」

佳 作 津山市立河辺小学校   2年生 長尾 瑛心        作品名「ようかいブックブック」

佳 作 井原市立井原小学校   4年生 中山 円         作品名「おばあちゃんの家」

 

●中学生の部

特 賞 奈義町立奈義中学校   3年生 ペンネーム:牛乳ぷりん  作品名「花牛園子さん」

優秀賞 渋谷教育学園渋谷中学校 2年生 庄司 真紀子       作品名「記憶の中の扉」

入 選 仙台市立八木山中学校  2年生 棟方 有紀        作品名「神水鏡」

入 選 大分市立碩田学園  中学2年生 渡邉 一矢          作品名「お盆の朝」

佳 作 美作市立大原中学校   3年生 近藤 花         作品名「写真」

佳 作 白河市立白河第二中学校 1年生 ペンネーム:ハルキ    作品名「実家の家宝」

 

応募総数 101作品

たくさんのご応募、ありがとうございました。

審査委員長 東雅夫様、審査に携わってくださった皆さま、ありがとうございました。

受賞された皆さま、おめでとうございます。

 

 

このページのトップへ