お知らせ

お知らせ

受賞者発表のお知らせ

●岡本綺堂生誕150年記念 こども怪談コンクール ぷちぶちこわいはなし—僕らは最高に怖い話を作ってしまったかもしれない—

勝央町ゆかりの劇作家岡本綺堂の生誕150年を記念し、怪奇作家でもあった綺堂にちなんで全国の小中学生の皆さんから「こわい話」を募集しましたところ、北海道から沖縄までたくさんの小中学生からご応募がありました。厳正なる審査の結果、受賞者が決まりましたので、発表させていただきます。

●小学生の部 

特賞  茨木市立茨木小学校  1年生  ペンネーム はるか      作品名「わすれもの」

優秀賞 早島町立早島小学校  6年生  樋本知紀        作品名「蜘蛛の仕返し」 ※お名前の「樋」の正しい表記は旧字体です。

入選  津山市立佐良山小学校 6年生  小野優姫        作品名「逃がさない。」

入選  津山市立東小学校   4年生  吉岡宥輝        作品名「暗一が見た夢」

入選  新庄村立新庄小学校  6年生  藤井彩衣          作品名「私の話を聞いてください」

入選  新見市立西方小学校  5年生  ペンネーム かんな     作品名「あの子は誰?」

佳作  美作市立大原小学校  4年生  下山華菜        作品名「図書室」

佳作  美作市立美作北小学校 5年生  綱嶋美月        作品名「熊のぬいぐるみ」

佳作  真庭市立天津小学校  5年生  家元愛珠        作品名「お迎えまで」

佳作  大刀洗町立菊池小学校 5年生  宮本俊太朗       作品名「トン、トン、トン」

 

●中学生の部

特賞  美作市立美作中学校  3年生  龍門実保        作品名「怖いヒト」

優秀賞 勝央町立勝央中学校  3年生  ペンネーム 善川      作品名「自己不信」

入選  勝央町立勝央中学校  1年生  下山愛加        作品名「帰り道」

入選    岡山県立津山中学校  2年生  ペンネーム U・S                作品名「影」

入選  白梅学園清修中学校  1年生  ペンネーム カナ      作品名「消えた友人」

入選  津山市立北陵中学校  3年生  安部心菜        作品名「僕の彼女」

佳作  勝央町立勝央中学校  1年生  赤堀由姫奈       作品名「お化けより怖いもの」

佳作  勝央町立勝央中学校  3年生  ペンネーム ムラカミ    作品名「カウント」

佳作  勝央町立勝央中学校  1年生  ペンネーム るい      作品名「本当にあったできごと」

佳作  岡山県立津山中学校  1年生  ペンネーム 春夏      作品名「まちこさん」

 

 

小学生応募総数 郵送持ち込み 46 電子メール 10  合計56作品

中学生応募総数 郵送持ち込み 40 電子メール 8    合計48作品

たくさんのご応募、ありがとうございました。

審査委員長 東雅夫様、審査に携わってくださった皆さま、ありがとうございました。

受賞された皆さま、おめでとうございます。

 

 

 

麻生知子絵本こたつ原画展
特別展

こどもとおやのための展覧会 麻生知子 絵本『こたつ』 原画展

 
会期
2022年11月12日 ㊏ ~2022年11月27日 ㊐ 月曜日休館
 
会場
勝央美術文学館 展示室・特別展示室
 
料金
入場無料
 
主催
勝央美術文学館(勝央町・勝央町教育委員会)
 

 2020 年の冬に発行された絵本『こたつ』(麻生知子作/福音館書店刊)の原画展を開催いたします。

 絵本の元となる原画は、キャンバスのに油絵具で描かれており、今展ではその34 点と、その他の作品資料もあわせてご紹介します。印刷物の絵本とは一味違う原画ならではの作品の大きさや、油絵具の質感、細部の描写などをご覧いただきながら、『こたつ』の物語の中に入って登場人物たちと一緒にあたたまるような気持ちになっていただけましたら幸いです。おかやま県民文化祭参加事業。

※同時開催 麻生知子・武内明子〈ワタリドリ計画〉-奈義の旅- 11月12日㈯〜12月11㈰ 会場 奈義町現代美術館(詳細はリーフレットをご確認ください)

 pdfファイル「麻生知子絵本こたつ原画展」をダウンロードする(PDF:2.7MB)

pdfファイル「同時開催 詳細リーフレット」をダウンロードする(PDF:5.2MB)

第12回きんときコドモ絵画展
企画展

第12回きんときコドモ絵画展

 
会期
2022年10月1日㊏~2022年10月10日㊊㊗ 月曜日休館(祝日の場合は開館、翌平日が休館)
 
会場
勝央美術文学館 町民ギャラリー2
 
料金
無料
 
主催
勝央町、勝央町教育委員会
 

第12回きんときコドモ絵画展

勝央町内の保育園に通う年長さんたちが描いた、勝央町ゆかりの人物・坂田金時(金太郎)の絵を展示します。個性あふれる、かわいい作品が勢揃いしています。

会期:10月1日㈯〜10月10日㈪㈷ 月曜日休館(祝日の場合は開館、翌平日が休館)

※10月10日は月曜日ですが、祝日開館しています。

開館時間:10:00〜18:00(入館は17:30まで)

会場:勝央美術文学館 町民ギャラリー2

観覧無料

 

 

 

大塚芳忠が読む「半七捕物帳」
イベント

大塚芳忠が読む「半七捕物帳」(朗読音声公開)

 
会期
2022年10月1日 ㊏〜10月30日㊐ 1日2回限定公開
 
会場
勝央美術文学館 特別展示室
 
料金
当日の観覧券が必要です
 
主催
勝央美術文学館
 

「岡本綺堂 生誕150年記念展 奇譚の神様」関連イベント

【大塚芳忠が読む「半七捕物帳」(朗読音声公開)】

 

大塚芳忠氏の朗読音声を1日2回限定で公開します。

【公開時間】 ①13:00〜 ②15:00〜

 (※10月15日㈯のみ時間変更 ①10:30〜 ②12:00〜)

【朗読音声】 大塚芳忠

【朗読作品】 岡本綺堂 作『半七捕物帳』より「お文の魂」

【会場】 勝央美術文学館 特別展示室

 ※当日の観覧券が必要です。

【プロフィール】
大塚 芳忠(おおつか ほうちゅう)
1954年5月19日生まれ
岡山県津山市出身 声優・ナレーター。

アニメ・吹き替え・ナレーションなど幅広い分野で活躍しており、今年5月30日に放送されたNHK総合連続テレビ小説「ちむどんどん」に大学教授役で出演し話題を集めた。

【主な出演履歴】
日本テレビ「真相報道バンキシャ!」ナレーション
フルハウス(ダニー・タナー)
スタートレック:ピカード(データ少佐)
THE BLACKLIST(レッド)
NARUTO -ナルト-(自来也)
鬼滅の刃(鱗滝左近次)
ゴールデンカムイ(鶴見中尉)
バキ(ビスケット・オリバ)など多数の番組・作品に出演

 pdfファイルリーフレット(関連イベント)をダウンロードする(PDF:1.2MB) 

 

 

 

 

 

岡本綺堂生誕150年記念展 奇譚の神様
特別展

令和4年 度勝央美術文学館 特別展 岡本綺堂生誕150年記念展 奇譚の神様

 
会期
2022年10月1日 ㊏ ~2022年10月30日 ㊐ 月曜日休館(祝日の場合は翌平日)
 
会場
勝央美術文学館 展示室・特別展示室・町民ギャラリー1
 
料金
一般:500円/大学生・65歳以上:一般料金より100円割引(要証明書提示)/高校生以下無料/20名以上の団体:一般料金より2割引*割引の併用不可/障がい者手帳をお持ちの方および介助者1名は無料
 
主催
勝央美術文学館(勝央町・勝央町教育委員会)
 

 岡山県勝央町出身の出版人 岡本経一の養父であり、「修禅寺物語」など新歌舞伎の劇作家、または「半七捕物帳」などの推理作家として広く知られている作家 岡本綺堂(1872-1939)。しかし綺堂には怪奇小説作家というもう一つの顔があります。綺堂の著書『明治劇談 ランプの下にて』に、少年期の自身について「わたしの幼稚な頭は芝居と怪談とで埋められてしまった」と記されているように、怪談というジャンルとの出会いが、彼の創作活動に多大な影響を与えたことが窺え、『玉藻の前』・『三浦老人昔話』・『青蛙堂鬼談』を初めとした数多くの怪奇作品を執筆していく礎となっています。
 本年は綺堂の生誕150年に当たり、綺堂の文学的功績及び今日の文学への影響をご紹介し、綺堂作品が現代でも愛され、これからも読み継がれるために、今改めて岡本綺堂を紹介する記念展を開催いたします。

 本展では「奇譚の神様」と題し、現在、怪奇幻想文学の分野で第一人者としてご活躍中の東雅夫先生のお力をお借りしながら、綺堂の怪奇著作に関係する資料を中心に紹介します。綺堂ファンはもとより、妖怪や怪談噺が好きな方など、綺堂作品に初めて触れる方々にも岡本綺堂と出会う良い機会となれば幸いです。

pdfファイル「岡本綺堂生誕150年記念展 奇譚の神様」をダウンロードする(PDF:1.2MB)

pdfファイル「岡本綺堂生誕150年記念展 奇譚の神様(中面)」をダウンロードする(PDF:1.7MB)

綺堂生誕祭
イベント

─綺堂生誕祭─〈東雅夫が読む岡本綺堂・こども怪談コンクール表彰式・東雅夫講演会〉

 
会期
2022年10月15日 ㊏ 13:30〜
 
会場
勝央美術文学館 町民ギャラリー1ほか
 
料金
当日の観覧券が必要です
 
主催
勝央美術文学館
 

「岡本綺堂 生誕150年記念展 奇譚の神様」関連イベント

─綺堂生誕祭─

 ・東雅夫が読む岡本綺堂         

 ・こども怪談コンクール表彰式

 ・東雅夫講演会

●日時:10月15日(土) 13:30〜    

●定員:20名

岡本綺堂の生誕日である10月15日㊏に、アンソロジスト・文芸評論家の東雅夫(ひがし・まさお)氏をお迎えして、「綺堂生誕祭」と題し、下記のイベントを開催します。

 ・東雅夫が読む岡本綺堂 【朗読作品】岡本綺堂 作『青蛙堂鬼談』より「猿の眼」

 ・こども怪談コンクール表彰式 

   岡本綺堂生誕150年記念 こども怪談コンクール ぷちぶちこわいはなし —僕らは最高に怖い話を作ってしまったかもしれない— 表彰式

 ・東雅夫講演会 「綺堂怪談の極意を探る!」

※当日の観覧券が必要です。

※終了時間は未定ですが、17:00前後を予定しています。

申込受付開始日:9月17日(土) 10:00〜 

●申込先:勝央美術文学館 ☎0868-38-0270(10:00〜18:00/月曜日休館。祝日の場合は翌平日が休館になります。)

※定員に達し次第、受付を終了します。 

●下記リンクからも申し込みができます。(9月17日㈯から受付開始になります。) 

https://s-kantan.jp/town-shoo-okayama-u/offer/offerList_detail.action?tempSeq=25281

 pdfファイルリーフレット(関連イベント)をダウンロードする(PDF:1.2MB)

綺堂怪談華あかり
イベント

綺堂怪談華あかり「綺堂怪談 消しゴム判子」で行燈づくり

 
会期
2022年10月1日 ㊏〜2022年10月14日㊎ 月曜日休館(祝日の場合は翌平日)
 
会場
勝央美術文学館 町民ギャラリー1
 
料金
参加無料
 
主催
勝央美術文学館
 

「岡本綺堂 生誕150年記念展 奇譚の神様」関連イベント 

ワークショップ
綺堂怪談華あかり「綺堂怪談 消しゴム判子」で行燈づくり

日時:10月1日㈯〜10月14日㈮ 随時(10:00〜17:00)※予約は不要です。

休館日:月曜日(祝日の場合は翌平日) 

制作時間:30分程度      

綺堂怪談を題材にした消しゴム判子を横野和紙に押して、行燈をつくります。制作した行燈は、会期中、会場に展示します。会期初日から随時ワークショップを開始し、綺堂生誕日(10月15日)までに百物語の始まりの如く、九十九灯の完成を目指します。

観覧券なしでも参加できるようになりました。

みなさまのご参加、お待ちしています。

〈数量限定〉行燈が 九十九灯に達し次第ワークショップを終了します。

※制作された行燈は会期中、会場に展示させていただきます。

綺堂怪談 消しゴム判子

行燈を灯したら・・・

綺堂怪談 消しゴム判子2

 pdfファイルリーフレット(関連イベント)をダウンロードする(PDF:1.2MB) 

 

 

 

 

 

(公財)美作学術文化振興財団の主催により、このたび「第19回ミマサカコドモ絵画展」の応募作品を募集いたします。

公益財団法人 美作学術文化振興財団より

 当財団では、 美作地域の子どもたちの情操教育の振興と芸術文化を通した交流の場を創造することを目的に、昭和59年度より毎年子どもを対象とした絵画の公募を開催してまいりました。その間、社会環境や教育現場の激しい移り変わりは、想像を絶するものがあり、当財団におきましても、これらの変化や現代の子どもたちがおかれている環境を考慮し、新たな児童画展のあり方を常に模索していきたいと存じます。
 つきましては、今年度も地域の子どもたちの作品を下記より募集いたしますのでどうぞご参加ください。個性あふれる素晴らしい作品をお待ちしております。



対  象:美作三市五郡の小学生(応募は小学校単位とし、個人での応募は出来ません

応募期間:令和4年10月18日㊋〜10月30日㊐/令和4年11月12日㊋〜11月20日㊐

     ※必着 ※月曜休館 

     ※勝央美術文学館へ直接持参する場合は開館日の10:00〜17:30の間にお越しください。

※詳細は【募集要項】をご確認ください。

pdfファイル「募集要項」をダウンロードする(PDF:315kB)

作品裏右上に【作品添付票】をお貼りいただき、【出品表】を添えてご応募ください。

pdfファイル「作品添付票」をダウンロードする(PDF:113kB)

pdfファイル「出品表」をダウンロードする(PDF:113kB)

 

 

お問い合わせ

公益財団法人 美作学術文化振興財団 事務局

〒709-4316
岡山県勝田郡勝央町勝間田207-4 勝央美術文学館内
TEL.0868-38-0270 FAX.0868-38-0260

終了しました
綺堂怪談消しゴムはんこづくり 参加者募集チラシ
イベント

綺堂怪談華あかり「綺堂怪談消しゴムはんこづくり」参加者募集のお知らせ

 
会期
8月10日 ㈬ ①10:00〜12:00  ②14:00〜16:00
 
会場
勝央町公民館2F大会議室
 
料金
500円
 
主催
勝央美術文学館
 

綺堂怪談華あかり「綺堂怪談消しゴムはんこづくり」

岡山県勝央町出身で、出版社を創って、たくさんの本を作った、岡本(森部)経一さん。その養父で、劇作家の岡本綺堂さん(東京生まれ)は、『青蛙堂鬼談』など、こわくて不思議な話をたくさん作りました。

今年は綺堂さんが生まれて150年です。お祝いに、綺堂さんのこわい話に登場するものを「消しゴムはんこ」にして、和紙に押して行燈をつくります。完成した行燈は、綺堂さんの生誕記念展の会場に飾ります。

※岡本綺堂(1872-1939年)劇作家・小説家 / 岡本(森部)経一(1909-2010年)出版人 

日時:8月10日 ㈬             ①10:00〜12:00                    ②14:00〜16:00

対象:小学2年生から中学3年生(小学校2年生は保護者同伴)

定員:各回10名

参加費:500円(材料代)

講師:水嶋育子

会場:勝央町公民館2F大会議室

●5センチ×5センチのサイズの消しゴムをほります!

募集期間:7月23日 ㈯〜7月30日 ㈯  ※ただし定員に達し次第受付を終了します。

※新型コロナウイルスの感染状況により、中止または延期となる場合があります。

※持ち帰り用と10月開催の「岡本綺堂生誕150年記念展」に展示用、ひとり2つ行燈を制作していただきます。 

申込・お問合せ:勝央美術文学館 ☎0868-38-0270 (10:00〜18:00)休館日/月曜日

pdfファイル「綺堂怪談 消しゴムはんこづくり」をダウンロードする(PDF:6.8MB)

 

 

終了しました
AMAZON 密林の時間 山口大志写真展
イベント

AMAZON 密林の時間 山口大志写真展 関連イベント トーク&サイン会

 
会期
2022年8月6日 ㊏
 
会場
勝央美術文学館 
 
料金
当日の観覧券が必要です
 
主催
勝央美術文学館(勝央町・勝央町教育委員会)
 

AMAZON 密林の時間 山口大志写真展 関連イベント トーク&サイン会

●日時:8月6日(土) ①10:30〜    ②13:30〜

●定員:各回20名

作品解説や取材時のエピソードなど山口大志氏によるギャラリートーク。

トーク終了後、サイン会を開催します。

※当日の観覧券が必要です。

※サインは、会場で購入いただいた写真集『AMAZON 密林の時間』に限ります。

●申込受付開始日:7月9日(土)10:00〜

●申込先:勝央美術文学館 ☎0868-38-0270(10:00〜18:00/月曜日休館。祝日の場合は翌平日が休館になります。)

●下記リンクからも申し込みができます。(7月9日㈯から受付開始になります。) 

https://s-kantan.jp/town-shoo-okayama-u/offer/offerList_detail.action?tempSeq=25012

pdfファイル「AMAZON 密林の時間 山口大志写真展」をダウンロードする(PDF:580kB)

募集要項

●募集テーマ 

今年は勝央町ゆかりの劇作家岡本綺堂の生誕150年です。それを記念し、怪奇作家でもあった綺堂にちなんで全国の小中学生の皆さんから「こわい話」を募集します。お化けや幽霊、妖怪、はたまた名も無い何か・・・私たちとは違う怪しい存在たちが引き起こす不思議でぞっとするこわーい話、お待ちしています。

●応募対象 

小学生・中学生 

応募作品は日本語で書かれた800文字以内の作品で、本人が書いた未発表のもの、1人1点に限ります。

●応募方法 

【手書きの場合】400字詰原稿用紙に、楷書でていねいに縦書きにすること。

応募用紙を切り取って、作品と合わせて右上端をホチキスで留めること。

【データで応募の場合】専用の応募フォーム(QRコード)もしくは、下記リンクからご応募ください。 (7月20日から受付開始になります。)   

https://s-kantan.jp/town-shoo-okayama-u/offer/offerList_detail.action?tempSeq=24949

●賞

小学生の部・中学生の部、それぞれの優秀作品を表彰します。

◇特 賞 各1名ずつ・・・賞状、副賞として図書カード1万円分

◇優秀賞 各1名ずつ・・・賞状、副賞として図書カード5千円分

◇入 選 各4名ずつ・・・賞状、副賞として図書カード千円分

◇佳 作 各4名ずつ・・・賞状、副賞として図書カード5百円分

※入賞作品を掲載した作品集を発行します。

●受付期間

令和4年7月20日㊌〜8月15日㊊ 必着

※持ち込みの場合は、火曜〜金曜日 10:00〜17:30までとします。

●発表

令和4年10月上旬に勝央美術文学館のホームページで発表します。

作品の送り先

       〒709-4316 

       岡山県勝田郡勝央町勝間田207-4 

       勝央美術文学館「こども怪談コンクール」係 

◎みなさまからのたくさんのご応募、お待ちしています。

pdfファイル「岡本綺堂生誕150年記念 こども怪談コンクール 募集要項」をダウンロードする(PDF:547kB)

終了しました
AMAZON 密林の時間 山口大志写真展
特別展

令和4年度勝央美術文学館特別展 こどもとおやのための展覧会 AMAZON 密林の時間 山口大志写真展

 
会期
2022年7月30日 ㊏ ~2022年8月28日 ㊐ 月曜日休館
 
会場
勝央美術文学館 展示室・特別展示室・町民ギャラリー1・2
 
料金
一般:500円/学生・シルバー(65歳以上):一般料金より100円引/高校生以下無料/20名以上の団体:一般料金より2割引*但し、割引きの併用は不可。
 
主催
勝央美術文学館(勝央町・勝央町教育委員会)
 

  少年の頃に出合った色鮮やかな鳥と熱帯魚へのあこがれから始まった南米アマゾン川取材。そこには世界最大の熱帯雨林が広がり、極彩色の花や昆虫、カエル、鳥たち、そして熱帯魚や淡水の大魚など、想像を絶する自然の造形の妙が展開しています。山口大志は2010 年からアマゾン取材を始め、樹上から水中まで、これらの豊かな生物相に向き合い、大自然の神秘や生命の連鎖を長い時間をかけて撮影してきました。本展では迫力ある大判写真作品を中心に山口のアマゾンでの仕事をご紹介していきます。新進気鋭の写真家の、シャッターを切った瞬間のワクワクする思いが伝わります。

pdfファイル「AMAZON 密林の時間 山口大志写真展 チラシ」をダウンロードする(PDF:580kB)



7月16日(土)より開催を予定しておりました特別展「AMAZON 密林の時間 山口大志写真展」ですが、空調機器入替工事のため、開始時期を延期することになりました。展覧会を心待ちにしていただいている皆様には、大変ご迷惑をおかけいたしますが、ご理解とご協力をお願いいたします。
◎変更後の展示会期:2022年7月30日(土)~8月28日(日)

※あわせて、町民ギャラリー1でちるどれんずあーとプログラムの第1回で共同制作した作品を、6月1日(水)~17日(金)の土日月曜日を除き展示公開しておりますので、まだご覧いただいていない方は、是非ご来場ください。

 

終了しました
文筆の系譜ポスター
常設展

小企画41 ─文筆の系譜─ 綺堂からやえ子へ 

 
会期
2022年4月16日㊏〜2022年5月29日㊐  月曜日休館
 
会場
勝央美術文学館 特別展示室
 
料金
一般:300円 大学生・高齢者(65歳以上):100円割引 高校生以下無料 ※大学生・65歳以上は要証明書提示 ※20人以上の団体は2割引(ただし、他の割引との併用は不可)
 
主催
勝央美術文学館
 

 日本語に吹き替えられた、海外の映画やテレビドラマの普及とともに、芸術的なアテレコでお茶の間を賑わせた翻訳家・日本語版台本作家の額田やえ子(1927-2002)。  本展では、没後20年にあたり、彼女の読んできたものから窺える、父 額田六福の師である岡本綺堂の作品からの影響をご紹介するとともに、彼女の遺した功績を作品や舞台関連資料などの遺品を中心に展示いたします。

展示会の様子

—文筆の系譜— 展示会の様子 

—文筆の系譜— 展覧会の様子

—文筆の系譜— 展覧会の様子

文筆の系譜 

—文筆の系譜— 展覧会の様子

 

 

 

 

 

 

 

 

 

終了しました
遠くみのれるポスター
常設展

コレクション展vol.44 郷土の画家シリーズ  遠くみのれる

 
会期
2022年4月16日㊏〜2022年5月29日㊐  月曜日休館
 
会場
勝央美術文学館 展示室
 
料金
一般:300円 大学生・高齢者(65歳以上):100円割引 高校生以下無料 ※大学生・65歳以上は要証明書提示 ※20人以上の団体は2割引(ただし、他の割引との併用は不可)
 
主催
勝央美術文学館
 

 当館所蔵作品から郷土ゆかりの作家を中心に紹介するシリーズです。  

 今回は、洋画家の福島金一郎、赤堀佐兵、水野恭子、高山始らの作品とともに、高山の師で没後25年を迎える津山出身の日原晃(ひはら・あきら1910−1997)の小品をご紹介します。日展参与をつとめた日原は、瀬戸内海や日本海などの風景を暗く深みのある碧色と迫力ある剛胆な筆致で描きつづけました。また、洋画団体≪光風会≫を中心に後進の指導に熱心に取り組み、高山をはじめ数多くの画家を育てました。

展覧会の様子

 遠くみのれる 展示会の様子

遠くのみのれる 展示会の様子

遠くみのれる 展示会の様子

遠くみのれる 展示会の様子

遠くみのれる 展示会の様子

遠くみのれる 展覧会の様子

 

 

 

 

 

 

ちるどれんずあーとプログラム受講生募集のチラシ
イベント

令和4年度MUSEUM講座「ちるどれんずあーとプログラム」

 
会期
【第1回】5月21日(土) 【第2回】6月18日(土) 【第3回】7月2日(土)
 
会場
勝央美術文学館 中庭・町民ギャラリー1
 
料金
1,000円(全3回分・材料費込み・初回集金)
 
主催
勝央美術文学館
 

保育園年中から小学1年生のこどもを対象とした美術教室の受講生を募集します。

お絵描きや工作好きのこどもたちをお待ちしています!

 

対象:保育園新年中から小学校新1年生(保護者の同伴が必要です。)

受講料:1,000円(全3回分・材料費込み・初回集金)

定員:8名

予定:【第1回】5月21日(土)「大きな紙にみんなで色水遊びをしよう」 

   【第2回】6月18日(土)「カラフル張子(はりこ)のランプシェード」

   【第3回】7月10日(土)「傘(かさ)に描こう」

     ※新型コロナウイルス感染拡大の状況により変更になる場合があります。

会場:勝央美術文学館 中庭・町民ギャラリー1

時間:10:00〜11:00

講師:岡田生恵先生

受付開始:4月12日㈫10:00〜 ※締切:4月19日㈫

*応募者多数の場合は抽選とさせていただきます。抽選結果は5月上旬に発送予定です。

お申込・お問い合わせ:勝央美術文学館 0868-38-0270(火〜金曜日:10:00〜18:00)

 pdfファイル「ちるどれんずあーとプログラム受講生募集のチラシ」をダウンロードする(PDF:637kB)

 

【勝央美術文学館を偽装した不審なメールに関する注意喚起】について

3/3(木)昼頃から、当館の関係先へ次のような「差し出し人の表示が勝央美術文学館に偽装された不審なメールが届いた」との報告がありました。以下の特徴があるメールは絶対に開かず削除してください。
また、不審なメールの手口が高度化・巧妙化しております。ご留意いただき、迷惑メール等への対策を実施していただきますよう重ねてお願い申し上げます。

【報告された不審なメールの特徴】
1.発信元が「勝央美術文学館」になっている。(アドレスは異なるものが使用されている)
2.本文がない。または「宜しく御願い致します。」のみ。
3.不明な圧縮ファイルが添付されている。
4.解凍用のパスワードが表記されている。
5.勝央美術文学館 shoomuse@icloud.comとメール下部に表記されている。

以上、何かご不審の点があれば勝央美術文学館 電話0868-38-0270まで、直接お問い合わせください。


大変ご迷惑をお掛け致しますが、どうぞ宜しくお願いいたします。

終了しました
第18回 陶芸教室の作品展
企画展

第18回 陶芸教室の作品展

 
会期
2022年3月15日㊋〜2022年3月27日㊐ 21日㊊祝日開館 翌22日㊋休館
 
会場
勝央美術文学館 町民ギャラリー2
 
料金
無料
 
主催
勝央美術文学館
 

  勝央美術文学館主催のMUSEUM講座「陶芸入門講座」と自主講座「陶芸応用講座」の受講生と講師の作品を展示します。

これらの講座は、全7回で月に1回、勝央町公民館2階の工芸室と講義室でおこなっています。今年度の陶芸入門講座では、平皿・湯飲み・茶香炉・花器・中皿・土鈴などを制作しました。その中から作者が選んだ、お気に入りの作品を出展されることと思います。21日㊊は祝日開館、翌22日㊋は休館となります。最終日(3/27日㊐)は、16時までとなりますので、ご注意ください。
 

 また、令和4年度「陶芸入門講座」の受講生を募集します。募集期間は、3月13日㊐〜3月27日㊐となっておりますので、期間中に勝央美術文学館にお問合せください。ただし、定員に達し次第、受付を終了いたします。

お問合せ先:勝央美術文学館(tel.0868-38-0270)

 詳細はこちらpdfファイル「募集チラシ」  

 

 

 

 

 

 

 新型コロナウイルス・オミクロン株の感染拡大により岡山県下全域に、まん延防止等重点措置が1月27日㊍から2月20日㊐まで適用されることになりました。また新型コロナウイルス感染症の流行が拡大している状況を受け、参加者および関係者の健康と安全を最優先に考慮し、2月12日㊏に予定していた gallery exhibition vol.34 安藤しほり・幾田奈菜・髙山明子・森岡紗也 作品展 関連イベント ワークショップ【石に描こう、石を描こう。】の開催を中止とさせていただきます。

 楽しみにしていただいていた皆さまには、大変ご迷惑をおかけしますがご理解のほどお願いします。

gallery exhibition vol.34 安藤しほり・幾田奈菜・髙山明子・森岡紗也 作品展の展覧会は、下記予定通り開催いたします。
会期:2月12日㊏〜3月13日㊐ 

このページのトップへ