半七捕物帳
常設展

常設展 小企画38 岡本綺堂没後80年・岡本経一生誕110年 半七とホームズⅡ

 
会期
4/23(火)〜6/16(日)
 
会場
勝央美術文学館 展示室
 
料金
一般200円 高大学生150円 小中学生100円 ※小学生未満・65歳以上は無料(65歳以上は証明書要呈示) ※10名以上の団体は2割引
 
主催
勝央美術文学館
 

 コナン・ドイルのホームズシリーズから着想し、日本を代表する劇作家 岡本綺堂がえがく捕物帳の祖『半七捕物帳』。今回は、綺堂没後80年を記念して、今でも多くの人を魅了し続ける2つの探偵小説の魅力や、それぞれの接点を書籍や原稿を展示し紹介します。

 また、作州地域ゆかりの作家や翻訳家が、それぞれ訳したホームズシリーズから翻訳の魅力を紹介します。また、綺堂の養嗣子となった、勝央町出身の出版人 岡本経一の生誕110年にもあたり、その仕事を彼がでがけた書籍により紹介します。