赤堀佐兵生誕120年記念展チラシ
特別展

令和5年度 勝央美術文学館特別展 赤堀佐兵生誕120年記念展 赤堀佐兵と独立美術協会の画家たち

 
会期
2024年2月10日㊏〜2024年3月10日㊐ ※月曜休館
 
会場
勝央美術文学館
 
料金
一般:500円※20人以上の団体は2割引 / 大学生・高齢者(65歳以上):100円割引※要証明書提示 / 高校生以下無料 / 障がい者手帳をお持ちの方および介助者1名は無料 ※割引の併用は不可
 
主催
勝央町、勝央町教育委員会
 

勝央町出身の洋画家 赤堀佐兵の生誕120年にあたり、彼の日本近代洋画壇における功績やその影響を、地域の方々はもとより世の人々に広く知って頂き、赤堀の作品に新たな角度から光を当てるべく、周年記念展を開催。
独立美術協会創立当時より活躍し、志半ばで逝った赤堀が、その清貧の創作活動の中で追及した本当の「美」について、彼と関係の深い独立創立当時の作家たちの作品とともに展示し、その精神性について改めて検証する。

【オープニングレクチャー】
「油彩画修復の倫理 —赤堀佐兵作品修復を通して—」
日時:2月10日(土)10:00〜11:00
会場:勝央美術文学館
講師:大原 秀之(絵画修復家)
定員:30名(申込不要・先着順)
※本展の入場料金が必要

pdfファイル「赤堀佐兵生誕120年記念展 赤堀佐兵と独立美術協会の画家たちチラシ」(PDF:1.2MB)