みずのやすこ 大正10(1921)年9月4日、母の実家である現在の勝央町勝間田の浄土真宗正行寺に生まれる。
 昭和13(1938)年、東京女子美術専門学校(師範科西洋画部)にて本格的に油彩画を学ぶ。同校卒業後、郷里勝間田に戻り、岡山県立林野高校の芸能科講師となる。
 昭和24(1949)年、独立展に入選したのを機に以後同展に出品を続ける。同郷の先輩で独立美術協会で活躍した赤堀佐兵の感化を受けて、初期にはキュビズム風の作品を描いたが、次いで同じく独立の中山巍、そして中間冊夫、佐川敏子夫妻について学び、表現派風に移行した。
 昭和40(1965)年代末に描写力を活かした「写実的幻想主義」とでもいうべき独自の領域を拓く。樹木、鳥、花などの自然を独自の視線で捉え、力強い構成、無機質な質感を「白」を基調とした明るく冷たい色彩によって表現した。独立美術協会、女流画家協会で活躍した。
 平成25(2013)年4月5日逝去。享年91歳。

代表作:『四月風景』(2000)、『春枝』(2001)