ふくしまきんいちろう 明治30(1897)年12月16日、現在の勝央町勝間田の老舗板屋菓子店の次男として生まれる。大正4(1915)年、勝間田農林学校を卒業後神戸仏語学校に学び、小出楢重、鍋井克之に師事して洋画を研究、昭和元(1926)年二科展に初入選した。その後上京し、昭和3(1928)年に渡仏。巨匠ピエール・ボナールに師事し仏国官設展サロン・ドートンヌに入選して色彩画家として認められる。
 国内では、二科会の重鎮として中央画壇で活躍。フランスを愛し、度々渡仏し、パリの風景を主題に師・ボナールゆずりの色彩のシンフォニー的美しさが滲み出た独自の作風を確立した。
 昭和56(1981)年、二科展出品作「公園の人々」が内閣総理大臣賞を受賞。
 平成7(1995)年1月31日逝去。享年96歳。

代表作:『公園の人々』(1981年)