チラシ表
特別展

岡本綺堂没後80年 岡本経一生誕1101年「最後の江戸っ子−岡本綺堂・経一の仕事−」

 
会期
2019年10月1日㊋〜10月27日㊐
 
会場
勝央美術文学館 展示室
 
料金
一般200円 高大学生150円 小中学生100円 ※小学生未満・65歳以上は無料(65歳以上は証明書要呈示) ※10名以上の団体は2割引
 
主催
勝央美術文学館 特別展示室
 

 勝央町縁の作家で、コナンドイルが生み出した名探偵の祖“シャーロック・ホームズ”に影響され、捕物帳の祖といわれる『半七捕物帳』を書いた岡本綺堂の没後80年と、その養嗣子で勝央町出身の出版人 岡本経一の生誕110年を記念し展覧会を開催します。 

 当館が所蔵する、二人の関連の資料、著作や草稿、ドラマの脚本など約70点を展示。東京がまだ江戸と呼ばれた頃の姿を瑞々しく物語に描いた綺堂と、綺堂の業績と江戸の文化を後世にきちんと残すことに生涯を費やした経一の仕事ぶりを改めて紹介します。

 

関連イベント

  • 朗読会「岡本綺堂『半七捕物帳』「お文の魂』「向島の寮」より」

日時:10/1㈫10:30〜 申込不要

会場:勝央美術文学館町民ギャラリー1 要本展観覧券

 

  • 演劇公演『往来〜綺堂・ホームズ・恋と魔犬〜』(仮)

四国を拠点に活動する劇団【株式劇団マエカブ】と【Unit out】による合同公演

日時:①10/19㈯開場18:30/開演19:30

   ②10/20㈰開場12:30/開演13:00

会場:勝央美術文学館町民ギャラリー1

チケット:前売券2,000円(公演前日まで販売)

     当日券2,500円 

販売場所:勝央美術文学館 10/1㈫11:30から発売

※電話予約可 ※未就学児は入場不可 ※公演チケット(半券可)提示で、本展も観覧できます。

 

  • アフタートーク

ゲストに、作家・翻訳家・シャーロック・ホームズ研究家である北原尚彦氏をお招きしての対談!

※10/20公演後

pdfファイル「チラシ」をダウンロードする(PDF:793kB)